戸塚区版 掲載号:2017年1月26日号 エリアトップへ

2016年火災状況 昨年比で6割弱増加 「たばこ」原因が最多

社会

掲載号:2017年1月26日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市消防局は1月13日、2016年中の火災・救急概況(速報値)を発表した。戸塚区内の火災は60件で、昨年の38件と比べ6割弱増加。原因の最多はたばこの14件だった。戸塚消防署は後始末の徹底を呼びかけている。

 最も件数の多かったたばこについて、戸塚消防署の担当者は「数時間前に消したつもりの火がくすぶり続け、出火の原因となることがある」と説明する。火が消えていないことに気が付かずゴミ箱に捨てることで、紙くずなどに燃え移ってしまうという。「一本一本水につけるなど、始末を徹底して欲しい」と呼びかける。

 たばこに次いで多かったのは放火(疑いを含む)の11件(前年比1件減)で、さらに、こんろの10件(前年比5件増)と続いた。これからの時期は例年、ストーブなどの暖房機器による火災が増える傾向にあるため、同署では引き続き注意喚起を行っている。

焼損面積は大幅減

 全体の件数が増加した一方、焼損面積は昨年より258平方メートル減少し416平方メートルだった。この傾向から同署担当者は「小規模な火事が増えていることがわかる」と説明。「防火構造の家屋が増えたことや、火災警報器の普及等が、初期消火や早い通報につながっていると考えられる」と話す。また16年中、火災による死者はなかった(昨年は1人)。

 なお横浜市全体の火災は754件で、昨年の750件に続き、過去10年で2番目の少なさだった。原因として最も多かったのは放火(疑いを含む)で206件、こんろの102件、たばこの100件と続いた。 

救急出場が最多

 救急車が出場した「救急出場件数」の速報値は、横浜市全体で9147件増加し、18万7491件で過去最多を更新した。戸塚区も昨年より546件増加し、1万3063件にのぼった。

 市全体の搬送人員のうち、軽症だった人が51・1%を占めたという。こうした状況をふまえ、同局では救急車を呼んだ方がいいかどうか迷った際や、どこで受診したらいいかわからない時に相談できる「横浜市救急相談センター」の利用を呼び掛けている。

 番号は♯7119(携帯電話、PHS、プッシュ回線)または【電話】045・222・7119。

戸塚区版のトップニュース最新6

区防災計画、7年振り改訂

区防災計画、7年振り改訂 社会

「車中泊避難」にも言及

7月9日号

防災拠点の3密対策 強化

横浜市

防災拠点の3密対策 強化 社会

「分散避難」呼びかけも

7月9日号

自宅でも音楽療法を

名瀬町社会福祉法人

自宅でも音楽療法を 文化

プロ歌手による動画配信

7月2日号

喫煙所出入口に遮断幕

戸塚駅東口

喫煙所出入口に遮断幕 社会

市内初の煙流出対策

7月2日号

音楽家に発信の場 提供

さくらプラザエフエム戸塚

音楽家に発信の場 提供 文化

「コロナ禍でも芸術届ける」

6月25日号

「定着化」に力点置く

東戸塚の障害者就労支援事業所

「定着化」に力点置く 社会

離職率の高さ危惧

6月25日号

口に関わるリハビリはST外来へ

「食べる」「話す」等でお悩みの方に、ST(言語聴覚士)がリハビリを支援します

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク