戸塚区版 掲載号:2017年2月9日号 エリアトップへ

県立上矢部高校 新設「美術科」4月から 進路に寄り添う教育に

社会

掲載号:2017年2月9日号

  • LINE
  • hatena
高文連会長賞を受賞した石川凪紗さんの「じこどういつせんそう」
高文連会長賞を受賞した石川凪紗さんの「じこどういつせんそう」

 神奈川県立上矢部高等学校(上矢部町)に2017年度から美術科が新設され、4月から2科制となる。これまでの普通科美術陶芸コースからは、例年コンクール受賞者が多数輩出されており、専門学科設置によって生徒のさらなる活躍も期待される。

 2016年度から神奈川県教育委員会が推進している「県立高校改革実施計画(I期)」。生徒らが社会で自立する力を得ることや個性・能力を伸ばすことなどを目標とした教育を実行していくものだ。計画の中には普通科専門コースの解消も組み込まれており、普通科美術陶芸コースのあった上矢部高校も改編の対象として、普通科に加えて美術科を新設する。

 2月15日から始まる同校美術科の入学試験には、志願変更期間前までで、39人の定員に対して52人が出願している。4月からは、新2・3年生は従来の美術陶芸コースの生徒として学び、新1年生は美術科の生徒として新課程を学ぶ。

実績重ね

 2016年11月から12月にかけて行われた「第63回神奈川県高等学校美術展」では、生徒7人8作品が受賞。中でも、平面部門では2年生の石川凪紗さんが油彩画で高文連会長賞を受賞し、「文化部のインターハイ」とも呼ばれる全国高等学校総合文化祭への出場を決めた。

 上矢部高校美術陶芸コースは例年さまざまなコンクールで生徒が受賞しており、画家など芸術分野で活躍する生徒を輩出してきた。戸塚アンダーパスの銘板に生徒のデザインが採用される、地域の小中学生を対象とした陶芸教室を開催するなど、美術を通した地域との関わりも深い。

専門性高める

 学科として設置する条件の一つに、25単位以上の専門教育を行うことがあるが、同校では従来もそれに近い単位数が課せられており、学科新設への地盤は整っていたという。

 また、新課程は美術大学進学にも対応できるカリキュラムとなっており、より生徒一人ひとりの進路希望や学習ニーズに応じられる課程を編成する。

 今年夏ごろまでには、デッサン専用の教室や美術科専用のコンピュータールームの新設も予定し、作品管理やWebデザインなど新しい分野にも対応できるようにする。美術科/地域連携グループの甲斐秀幸教諭は「より生徒に寄り添った教育ができれば」と話した。

無料の体操教室7/11

会場:ONE FOR ALL横浜(申込は392-4141へ)

https://npo-tkm.or.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

VR訓練システムを開発

戸塚消防署長

VR訓練システムを開発 社会

産学官連携 初の公開

6月23日号

子どもの学習支援に貢献

戸塚無料塾

子どもの学習支援に貢献 教育

設立5年 運営が充実化

6月23日号

フォーラムで交流促進

転勤・単身赴任 妻の会

フォーラムで交流促進 社会

リアルな悩みを共有

6月16日号

市がひきこもり相談窓口

中高年向け

市がひきこもり相談窓口 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月16日号

戸塚区に操縦者養成校

県ドローン協会

戸塚区に操縦者養成校 社会

災害時の活用を期待

6月9日号

世界水泳へ初挑戦

上矢部町出身水口知保選手

世界水泳へ初挑戦 スポーツ

地域の力を背に 18日開幕

6月9日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。夏から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook