戸塚区版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

東戸塚駅 滞留者の避難誘導訓練 巨大地震発生を想定

社会

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena
ホームから駅改札口外へ避難する訓練参加者
ホームから駅改札口外へ避難する訓練参加者

 乗降客数の多い東戸塚駅で災害時に駅周辺が混乱することを想定した「対策訓練」が2月16日、区役所などが参加するなか、行われた。東日本大震災時、JRなど公共交通機関が運行を中止し、同駅で多数の滞留者が発生したことを教訓に2015年から戸塚駅と交互に各年で実施している。

 訓練当日は、午後2時に区内で最大5強の震度を観測したと想定。それにより、鉄道の運行が停止し、東戸塚駅、戸塚駅で多数の帰宅困難者が発生――とした。

 東戸塚駅では、駅職員がホームから帰宅困難者役の訓練参加者を駅改札口外まで誘導、そこから一時滞留先として区と協定を結んでいる「コナカ本社」、「横浜保育福祉専門学校」まで区の情報を受けながら参加者自らが避難した。また、区は駅構内に現地本部を設置し、滞在施設や区内の被害状況、交通機関の運行情報などをトランシーバーを活用して確認していた。

 区総務課の田中均危機管理担当係長は「朝夕ラッシュ時の時間帯で巨大地震が発生すれば、事態は大きく異なる。訓練を繰り返しながら対策をより良い形にしていきたい」と語った。

 帰宅困難者の一時滞在場所として東戸塚駅周辺で6カ所、戸塚駅周辺で9カ所指定されている。

戸塚区版のローカルニュース最新6

戸塚駅で「音楽の街づくり」

ストリートライブ

戸塚駅で「音楽の街づくり」 文化

次回は6月18日

5月26日号

鎌倉武士の活躍に迫る

戸塚見知楽会

鎌倉武士の活躍に迫る 文化

6月18日 区庁舎で講演会

5月26日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月26日号

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 教育

NPOがスタッフ募集

5月26日号

舞岡地区センで体力測定

舞岡地区センで体力測定 社会

6月12日 介護相談も

5月26日号

サツマイモの苗植え

秋の楽しみ…

サツマイモの苗植え 教育

しらかば幼稚園児

5月26日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook