戸塚区版 掲載号:2017年3月2日号 エリアトップへ

2017年度戸塚区予算案 青少年育成等に新事業 1億493万円を計上

社会

掲載号:2017年3月2日号

  • LINE
  • hatena

 2017年度の戸塚区の自主企画事業予算案が発表された。青少年育成や商店街支援、防災・減災などに1億493万2千円計上されている。

◇  ◇  ◇

 今予算案の自主企画事業は、▽「地域の絆」づくり▽安全を実感できるまちづくり▽誰もが安心して暮らせるまちづくり▽活気に満ちた魅力あふれるまちづくり▽きめ細やかなサービスによる親しまれる区役所づくりの5項目で構成されている。

 新規事業として掲げられたのが青少年育成を目的とした「とつかこども起業塾」。区内の小学校高学年から中学生が、地元飲食店などでの商品作りや手伝い、市場調査などを行う。異世代交流をしながら、将来の職業観育成に役立ててもらうことが狙い。作成商品を区内で実施するイベントで販売することを目標とする。今後協力店舗と参加児童・生徒を募り、年間を通じて取り組んでいく方針だ。

区の「資源」周知目指す

商店街支援など継続

 「大学と連携した子ども健康づくり事業」も新規の取り組みだ。区内の医療系大学と連携し、小学校高学年から中学生を対象に、若年層の内から生活習慣病を予防する方法を伝えたり、人体の仕組みを教えたりする試みを行う。このほか、区内には製造業が多数あるが、その特性を生かし、普段なかなか見ることができない工場内を見学できる「オープンファクトリー」も企画されている。また、2015年度に作成したウォーキングマップに、新たに区内の名所などを記るすとともに、設定されたコースを歩いた際の消費カロリーを記載、その消費カロリー相当の地産地消レシピを掲載する改訂マップの作成も実施。現時点で1万5千部を刷る予定という。

スポーツを振興

 継続事業のなかで重点の1つとして位置づけられているのが商店街支援で、昨夏戸塚駅周辺で初開催され、好評だった「はしご酒ライブ」を今年も実施する。このほか、区内女子スポーツチームによる小学生を対象にした体験教室、戸塚駅・東戸塚駅周辺でのストリートライブの定期開催、地域福祉保健計画「とつかハートプラン」の推進などがあがっている。

防犯防災も注力

 防災・防犯にも力を入れており、土砂・浸水災害対策に関する啓発を行うほか、初の試みとして区庁舎内で防災講演と同時に減災の重要性を訴えるイベント、小学校1年生に防犯ブザーの配布もする方針だ。

 区予算調整係担当者は「区には活気ある商店街や製造業など活発な経済面、その一方で歴史、豊かな自然がある。そうした『資源』を再認識してもらい、誰もが安心して暮らせるまちを目指した編成とした」と話す。

 予算案は市会で可決後、確定となる。
 

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

福祉古民家レストランへ

名瀬町久右衛門邸

福祉古民家レストランへ 社会

障害者が就労スキル磨く

5月19日号

ザンビアに卒業生の靴を

上矢部高校生徒

ザンビアに卒業生の靴を 教育

国際奉仕 150足寄贈

5月19日号

7人制大会で初優勝

区内女子ラグビーチーム

7人制大会で初優勝 スポーツ

創部以来の悲願達成

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月12日号

海外移住資料館が一新

JICA横浜

海外移住資料館が一新 文化

多文化共生の理解深化に

5月12日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook