戸塚区版 掲載号:2017年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

イチゴ狩りが人気 区内でも「観光農園」広がる

文化

高設栽培されたイチゴ。甘みが強いのが特徴
高設栽培されたイチゴ。甘みが強いのが特徴
 市内でイチゴの生産が広がりを見せているなか、”イチゴ狩り”ができる「観光農園」を取り組み始めている農家も増加している。戸塚区内には3件あり、そのうちの「吉原いちご園」(東俣野町812)では、立ったままイチゴ狩りができる「高設栽培」を採用している。園では、糖度が高く食味に優れている「あまおとめ」、甘味と酸味のバランスの良い「紅ほっぺ」など6種類を栽培している。

 同園の吉原翔太代表は「土日を中心に家族連れ、カップルなどが平均して300人ほど1日に来園してくれます。甘みを重視しているのが特徴」と話す。

 イチゴ狩りは5月ころまで楽しめる。完全予約制。詳細・申し込みは吉原代表【携帯電話】080・4802・4385。

戸塚区版のローカルニュース最新6件

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

1月13日(土)に「貧血と食事」をテーマに開催。参加無料・先着50名

http://www.yokohamahp.jp

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク