戸塚区版 掲載号:2017年4月27日号 エリアトップへ

健全な「酒場」目指す 戸塚社交飲食業連合会

社会

掲載号:2017年4月27日号

  • LINE
  • hatena
会の集まりであいさつする菅野理事長
会の集まりであいさつする菅野理事長

 トリスのウイスキーを炭酸で割ったハイボールを飲ませる「トリスバー」が、サラリーマンや学生の人気を集めた昭和30年代。戸塚区でもいくつかのトリスバーが生まれ、その後高度成長を背景に様々な形式の酒場が誕生していった。

 そんな中、区内のバーやスナック、キャバレーなどの飲食店により生まれたのが、戸塚社交飲食業連合会(旧・戸塚バー連合会)だ。

加盟店が半減

 同連合会は20年ほど前まで70〜80店舗程度の加盟があったという。しかし現在は38店舗にまで減少。菅野顕治理事長は「外で飲む人が少なくなり、業種も多様化したことが原因だと思う」と分析する。

 かつては近隣企業の若いサラリーマンが、職場単位でスナックやバーに訪れていたが、最近は来店者も高年齢化。経営者も跡継ぎがおらず、戸塚駅前が再開発するタイミングでのれんを下した店も多いという。「脱サラして皿洗いから修行をし、自分の店を開くという人も少なくなった」と話す。

 菅野理事長の思いは、業界全体が再び活性化すること。そのためには「健全な店づくり」が欠かせないという。現在、組合員に対して、食品衛生の啓発を目的とした年3度の講習会や巡回指導、食中毒予防キャンペーンなどを実施している。「お酒の場はストレスを発散し、翌日に向けた鋭気を得る場所。ぼったくりや客引きなどもなく、安心できる業界づくりを目指していきたい」と前を見据える。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

ほのぼのフェスタ

ほのぼのフェスタ 文化

19日 戸塚駅西口周辺

10月10日号

「予防接種などのインフル対策を」

水道水で「おもてなし」

水道水で「おもてなし」 社会

ラグビーW杯中、新横浜で

10月10日号

呼吸器疾患テーマの講演

呼吸器疾患テーマの講演 社会

10月19日 休日急患診療所

10月10日号

今も舞岡公園内に設置

詩画作家星野さんの詩碑

今も舞岡公園内に設置 文化

24日から作品展も

10月3日号

手作り「かかし」32体ずらり

舞岡公園小谷戸の里

手作り「かかし」32体ずらり 文化

人気投票10月20日まで

10月3日号

「戸塚の問題は日本の縮図」

とつかリビングラボ川口代表に聞く

「戸塚の問題は日本の縮図」 社会

17日 公会堂でシンポ

10月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

詐欺の最新手口など紹介

詐欺の最新手口など紹介

16日 名瀬ケアプラ

10月16日~10月16日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 市、財政への強い危機感

    〈連載【1】〉 誘致表明の背景 IRと横浜

    市、財政への強い危機感

    IRと横浜

    10月3日号

  • 男のおしゃれ学

    第225回

    男のおしゃれ学

    「異国人から見た日本人」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    8月29日号

  • 男のおしゃれ学

    第224回

    男のおしゃれ学

    「敵とするか味方にするか」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    8月15日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク