戸塚区版 掲載号:2017年6月8日号 エリアトップへ

「振り込め詐欺」手口多様化 戸塚署管内 被害件数が増加傾向に

社会

掲載号:2017年6月8日号

  • LINE
  • hatena
感謝状を受け取った区内金融機関の職員ら
感謝状を受け取った区内金融機関の職員ら

 戸塚警察署管内で発生している振り込め詐欺の手口が今年に入って多様化しており、同署は注意を呼び掛けている。

 これまで多かったのが、ATMを操作させる等の方法で、指定した口座に現金を振り込ませる手口。しかし、このところ「犯人が銀行協会の職員等を騙り、自宅へ直接キャッシュカードを受け取りに来る」という手法が急増しているという。今年1月から5月末までに同署が認知した13件の被害中、5件がこれに該当した。

 手口としては、まずデパートの従業員を騙る男から「あなた名義のキャッシュカードが不正利用されている。相談窓口に連絡して」という電話があるという。案内された電話番号へ実際に連絡すると、全国銀行協会の職員を名乗る男が「新しいカードを発行します」と案内。その後被害者が自宅に訪れた男に、カードを預けてしまう。また犯人は巧みな話術で暗証番号も聞き出してしまうという。

 同署担当者は「警察や金融機関の職員が、カードを受け取りに行くことや電話で暗証番号を聞くことは絶対にない」と説明する。

金融機関が一役

 手口が多様化するなか、詐欺被害を水際で止めているのが金融機関だ。今年、区内の金融機関が防止した件数は26件にのぼる。

 5月29日には、4月末から5月にかけて詐欺を未然に防止したみずほ銀行東戸塚支店、三菱東京UFJ銀行東戸塚支店、中央労働金庫戸塚支店に同署から感謝状が手渡された。

 詐欺に遭ったのはいずれも60代後半から80代の高齢者。携帯電話で通話しながらATMを操作しており、職員が気づいて声をかけ、発覚したという内容だった。

 同署によると、犯人は自分の声が録音されるのを嫌うため、自宅の固定電話を留守番電話に設定し、知らない電話番号にはすぐ出ずに折り返すことが有効だという。「家族や近所の人に相談することで詐欺とわかることもある。電話でお金の話が出たら必ず疑って」と呼びかけている。

戸塚区版のローカルニュース最新6

戸塚駅で「音楽の街づくり」

ストリートライブ

戸塚駅で「音楽の街づくり」 文化

次回は6月18日

5月26日号

鎌倉武士の活躍に迫る

戸塚見知楽会

鎌倉武士の活躍に迫る 文化

6月18日 区庁舎で講演会

5月26日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月26日号

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 教育

NPOがスタッフ募集

5月26日号

舞岡地区センで体力測定

舞岡地区センで体力測定 社会

6月12日 介護相談も

5月26日号

サツマイモの苗植え

秋の楽しみ…

サツマイモの苗植え 教育

しらかば幼稚園児

5月26日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook