戸塚区版 掲載号:2017年7月6日号 エリアトップへ

皆様の声をカタチに!  市政報告 発達障害児対策、食品ロスに切り込む 横浜市会議員 中島みつのり

掲載号:2017年7月6日号

  • LINE
  • hatena

 前回に続き、公明党市会議員団を代表して、横浜市会定例会の一般質問の場で市政の重要課題を林市長、岡田教育長に質した件をご報告致します。

教員の専門性向上を

 増加する発達障害児等の対応策を聞きました。横浜市の小中学校で個別支援学級を担当している教員の中で、特別支援学校教諭の免許状を併せて保有している割合は、全国平均よりも低い状況です。研修等を活用して個別支援学級担当教諭の専門性の向上に努めているとは聞いていますが、保護者の方からご心配の声を多くお聞きしています。 

 教育長は、特別支援学校教諭免許状保有率の全国平均の数値を、小学校で32・4%、中学校26・4%と示し、市の小学校は全国平均を10ポイント下回り、中学校は全国平均を若干上回ると答弁(2014年度比較)。今後保有率の向上に取り組む方針を示しました。

 横浜市内の個別支援学級の学級数の推移をみると、全市的に増加傾向にあり、15年度から16年度にかけて50学級以上増加。より個別支援学級、担当教員の専門性を高めることが求められています。行政の取り組みを今後も注視します。

市の成果を世界と共有へ

 食品ロスの削減も質問しました。国の発表によると、14年度の食品廃棄物等は約2775万トン、このうち、まだ食べられるのに捨てられている食品ロスは約621万トンも発生しています。一方本市では、年間8万7千トンの食品ロスが発生。削減は喫緊の課題であり、取り組むべき課題です。

 先日、わが団は、食品ロス削減に向けて連携を図るため、国連食糧農業機関FAOの駐日連絡事務所を訪問し、意見交換を実施。FAOのボリコ所長は、世界の全員が食べられる食料が生産されていながら、約9人に1人が十分に食べられていない原因の1つに食品ロスがあると指摘します。

 今後横浜市が、新たな都市の廃棄物課題にチャレンジするならば、それは「食品ロスの削減」にほかならないと、私は考えます。

 林市長も食品ロスの削減は各国共通の課題とし、市として、ごみ分別などで培われた市民の皆様との協働で得た成果を、今後の廃棄物分野の国際貢献に活かしていく覚悟を示しました。

横浜市会議員 中島光徳

神奈川県横浜市戸塚区原宿4丁目13-12

TEL:045-410-6307
FAX:045-410-6308

http://nakajima-mitsunori.com/

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

立憲民主党第5区総支部

事業復活支援金の受付が始まります

http://www.yamazakimakoto.jp

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

経済的理由で中退させるな

県政報告 106

経済的理由で中退させるな

神奈川県議会議員 北井宏昭

1月13日号

市の未来へ今年も全力投球

ガッツ市政政告【8】

市の未来へ今年も全力投球

横浜市会議員 坂本勝司

1月6日号

2022年のテーマは「再起動」

横浜市会報告

2022年のテーマは「再起動」

横浜市会議員 鈴木太郎

1月1日号

コロナ禍での災害対策強化へ!

皆様の声をカタチに! 市政報告

コロナ禍での災害対策強化へ!

横浜市会議員 中島みつのり

1月1日号

人口減少社会へ準備せよ

県政報告 105

人口減少社会へ準備せよ

神奈川県議会議員 北井宏昭

1月1日号

子どもの幸せと家庭教育

元ワーキングママがゆく 45 市政レポート

子どもの幸せと家庭教育

横浜市会議員 伏見ゆきえ

1月1日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。新年から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月27日0:00更新

  • 1月20日0:00更新 社会

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook