戸塚区版 掲載号:2017年7月27日号 エリアトップへ

ひきこもり相談 専門家が解決の糸口提供 区役所で月2回開催

社会

掲載号:2017年7月27日号

  • LINE
  • hatena
相談を受ける渡辺施設長
相談を受ける渡辺施設長

 横浜市がこの5月から全区で始めた、ひきこもりの若者を対象とした相談窓口の開設。専門家が月2回、各区役所で本人やその親から相談を受けるという新たな取り組みだ。戸塚区では開始から2カ月の間に既に8人が訪れており、問題を抱え、苦しむ人の多さをうかがわせている。

 市の新たなひきこもり相談の戸塚区の窓口となっているのが生活支援課。同課によると、5月24日、6月14日、28日、7月12日の計4回の間に訪れた相談者は8人を数える。担当者は「当課では電話予約を受けていますが、マスコミ報道もあったことから相談者が訪れています」と語る。

南部ユースプラザが対応

 実際に対応するのは、戸塚区を担当する「よこはま南部ユースプラザ」の渡辺克美施設長。同プラザは、ひきこもりや不登校などの若者の相談を受けるほか、社会参加体験プログラムなどを実施する市が設置した機関だ。

 相談時間は1回50分(無料)。訪れるのは本人ではなく、その親などがほとんどという。年齢は対象を15歳から39歳までとしていることからその間の人だ。渡辺施設長は「昼夜逆転しているかなど今の生活状況を聞き、今後どうしたいのかという親御さん、ご本人の希望を確認します。重要なのは、家族を孤立させないこと、相談機関があることを知ってもらうことです」と話している。区の相談会ではその部分を周知し、南部ユースプラザの利用を勧めている(無料)。

就労機関につなぐ

 ユースプラザでは、読書やパソコンが利用できる居場所をまず提供する。続いて少人数プログラムとして茶会、慣れてきたところでグループプログラムの夕食会などに進む。さらにビジネスマナーを学んだり、ボランティア体験をしたりして社会に出る成功体験を積み重ね、最終的に就労に向けた支援を行う機関「若者サポートステーション」にバトンをつないでいく。

40歳以上も対策を

 横浜市の2013年の調査によると、市内の引きこもり状態の若者は8千人いると推計され、適切な対策が今後一層求められる。渡辺施設長は「次の課題としは、40歳以上のひきこもりの方への対策を新たに取る必要があります」と語る。

 戸塚区の相談は、8月は9日、23日、9月は13日、27日(午後1時半〜4時半)。予約は生活支援課【電話】045・866・8431。

平成横浜病院

身体の痛みにお悩みの方、整形外科外来へご相談ください!

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

児童600人に演技披露へ

戸塚町元五輪体操選手

児童600人に演技披露へ 教育

「夢に向かう大切さ」伝える

12月2日号

人権作文、市大会で優秀賞

秋葉中日向野さん

人権作文、市大会で優秀賞 教育

妹の障害通じ「可能性」探る

12月2日号

高齢者の口腔内乾燥 研究

横浜薬科大田口准教授ら

高齢者の口腔内乾燥 研究 社会

学術大会で最優秀賞

11月25日号

上瀬谷新交通に参画せず

シーサイドライン

上瀬谷新交通に参画せず 社会

開業の見通し不透明に

11月25日号

ロードレースで全国優勝

南舞岡山本さん

ロードレースで全国優勝 スポーツ

自転車競技で50代トップ

11月18日号

依存症対策の計画策定

横浜市

依存症対策の計画策定 文化

横の連携で早期支援へ

11月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook