戸塚区版 掲載号:2017年12月7日号 エリアトップへ

横浜市 戸塚駅に喫煙所新設 3月の禁止地区指定先立ち

社会

掲載号:2017年12月7日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は来年3月1日から戸塚駅周辺を喫煙禁止地区に指定する。それに先立ち12月4日、同駅周辺に喫煙所を3カ所新設した。市では「指定前に開設することにより、駅周辺での喫煙行動に慣れてもらうことが目的」としている。

**********

 横浜市は、07年度から横浜駅、みなとみらい地区、鶴見駅、新横浜駅などの周辺地区・市内6カ所で喫煙禁止地区を設けている。戸塚駅も市南西部のターミナル駅として利用者数が多いことなどから指定を受けることになった。

 今回市は指定前に喫煙所を初めて設置する。これまでの6地区は、指定と同時または指定後だったが、市が今夏、市民に意見募集したところ、「喫煙所を早く作って欲しい」「駅付近に灰皿を設置して欲しい。公に吸える場所がなくて困っている」などといった声が寄せられたこともあり、担当の資源循環局では「指定前3カ月前のこの段階に、喫煙できる場所をいち早くPRするため開設した」とその理由を語る。

 設置されたのは、戸塚モディ前のペディストリアンデッキ、西口大踏切デッキ下、西口バスセンターの3カ所(=図参照)。このうちもっとも大きいのはモディ前で60平方メートル弱あり、最大で40人程度が使用できるという。いずれも屋根はなく透明のパーテーションで区切ってあるもの。

 戸塚駅を通勤で利用する非喫煙者の一人は「駅周辺でタバコを吸えなくなることは歓迎している。一方で喫煙したい人の気持ちも分かる。こうした形で分煙がしっかりと進んでいけば良いのではないか」と話していた。

 喫煙禁止地区内では、喫煙所以外でたばこを吸うと、過料2千円が徴収される。

西口バスセンターの喫煙所
西口バスセンターの喫煙所

戸塚区版のトップニュース最新6

区防災計画、7年振り改訂

区防災計画、7年振り改訂 社会

「車中泊避難」にも言及

7月9日号

防災拠点の3密対策 強化

横浜市

防災拠点の3密対策 強化 社会

「分散避難」呼びかけも

7月9日号

自宅でも音楽療法を

名瀬町社会福祉法人

自宅でも音楽療法を 文化

プロ歌手による動画配信

7月2日号

喫煙所出入口に遮断幕

戸塚駅東口

喫煙所出入口に遮断幕 社会

市内初の煙流出対策

7月2日号

音楽家に発信の場 提供

さくらプラザエフエム戸塚

音楽家に発信の場 提供 文化

「コロナ禍でも芸術届ける」

6月25日号

「定着化」に力点置く

東戸塚の障害者就労支援事業所

「定着化」に力点置く 社会

離職率の高さ危惧

6月25日号

口に関わるリハビリはST外来へ

「食べる」「話す」等でお悩みの方に、ST(言語聴覚士)がリハビリを支援します

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク