戸塚区版 掲載号:2018年3月1日号 エリアトップへ

戸塚駅で滞留者避難訓練

社会

掲載号:2018年3月1日号

  • LINE
  • hatena
JR職員に誘導され、ホームから改札口に向かう訓練参加者
JR職員に誘導され、ホームから改札口に向かう訓練参加者

初の試みとして自ら「判断」「行動」

 戸塚区は乗降客数の多いJR、市営地下鉄戸塚駅で2月22日、災害時に駅周辺が混乱することを想定した「対策訓練」を行った。7年前の東日本大震災時、JRなど公共交通機関が運行を中止し、同駅で多数の滞留者が発生したことを教訓に2015年から東戸塚駅と交互に各年で実施している。

 当日はJRや市営地下鉄のほか、サクラス、トツカーナなど周辺商業施設なども参加。「午後2時に区内で最大5強の震度を観測」とし、それにより、鉄道の運行が停止、戸塚駅、東戸塚駅で多数の帰宅困難者が発生――と想定した。

 JR戸塚駅では、駅職員がホームから帰宅困難者役の訓練参加者を駅改札口外まで誘導。今回初の試みとして、参加者が自身の判断で避難する訓練も実施した。区は駅周辺の一時滞留先である「YMCA」や「戸塚スポーツセンター」などの場所が示された地図を渡したほか、市運営サイト「帰宅困難者一時滞在施設検索システム」を紹介するにとどめた。田中均危機管理担当係長は「これまでは区が避難誘導を行ってきたが、実際に大地震が起こった場合、ご自身の判断で行動せざるを得ない状況となるだろう。『自助』のスキルを上げてもらうため、ハードルを高くし、取り組んでもらった」と説明する。

 また、区はJR駅構内に現地本部を設置し、滞在施設や区内の被害状況、交通機関の運行情報などをトランシーバーで確認していた。

 訓練に参加した横浜薬科大学職員の菅野栄二さんは「JRやスポーツセンターなど連携、統制がよく取れていた」と感想を語った。

 帰宅困難者の一時滞在場所として戸塚駅周辺は7カ所、東戸塚駅周辺は6カ所指定されている。

現地本部で情報収集する区職員
現地本部で情報収集する区職員

戸塚区版のローカルニュース最新6

レコードを聴ける会

【Web限定記事】多様な選曲が人気

レコードを聴ける会 文化

9月23日号

子ども神輿を新調

吉田町内会

子ども神輿を新調 文化

町内会役員から寄贈

9月23日号

ウェブで産前産後カフェ

ウェブで産前産後カフェ 文化

9月30日 とっとの芽主催

9月23日号

有志でワクチン接種

旭町通商店会

有志でワクチン接種 社会

「安心して買い物を」願う

9月23日号

全区で開催中 ひきこもり若者支援セミナー

【Web限定記事】戸塚区は11月11日

全区で開催中 ひきこもり若者支援セミナー 社会

9月23日号

DVに悩む男性のための電話相談

【Web限定記事】無料・秘密厳守

DVに悩む男性のための電話相談 社会

9月23日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月2日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook