戸塚区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

区内タンゴ教室小原さん 歌でがん患者を応援 自身の罹患経験生かす

文化

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena
歌声を届ける小原さん(右)
歌声を届ける小原さん(右)

 品濃町でアルゼンチン・タンゴ教室を開いている歌手の小原みなみさんが3月8日、神奈川県立がんセンター(旭区)でコンサートを開催した。

 当日は、タンゴの名曲「ジーラ・ジーラ」や、タンゴ調にアレンジした「川の流れのように」など数曲を披露。ときに情熱的に、またときに情緒的に歌い上げる小原さんの姿に、観覧していた同センターの入院患者や通院患者からは大きな拍手が上がっていた。

「人生」がテーマ

 本場アルゼンチンで研さんを積み、各国でリサイタルを開くなど、世界を舞台に活躍してきた小原さん。南米のフェスティバルで10万人規模の観客を前に歌ったほか、「質の高いステージづくり」を信念としてアルゼンチンから楽団を日本に招いて歌ったこともあった。

 2016年には活動30年周年を迎え、記念コンサートを成功に収めた。肺にがんが見つかったのは、その直後のことだった。「昨年1月に受けた人間ドックでわかった。歌手にとって肺は何より大切なので不安だった」と振り返る。幸い初期だったため、同センターで部分切除を行ったあと数日で退院することができたが、「自分の人生を見つめ直すきっかけになる出来事だった」という。

 今回のコンサート開催は、同センターへのお礼や、がんと闘病する患者に対する応援の意味を込めた。「タンゴは人生をテーマに唄う歌。がんを患った経験があるからこそ、伝えられることがあると思う」という。

戸塚区版のローカルニュース最新6

市街地内の「憩いの里山」

【Web限定記事】不定期連載Vol.3

市街地内の「憩いの里山」 文化

「あなたも戸塚のマイスター」

5月28日号

学生に支援金を支給

【Web限定記事】明治学院大学

学生に支援金を支給 社会

5月28日号

体操の配信 ウナシー登場

【Web限定記事】湘南とつかYMCA

体操の配信 ウナシー登場 社会

5月28日号

舞岡の麦 大きく実る

舞岡の麦 大きく実る 社会

市立大 生物学研究所が栽培

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

東戸塚商店会が除菌水配布

【Web限定記事】地域住民の力に

東戸塚商店会が除菌水配布 社会

5月21日号

総合内科を開設

困ったらまず最初に受診すべき診療科として、 「総合内科」を開設しました。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第232回

    男のおしゃれ学

    「いい女といい男」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    5月21日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク