戸塚区版 掲載号:2018年3月29日号 エリアトップへ

「粘土人形」で想像を形に 上倉田町 田口さんが活躍中

文化

掲載号:2018年3月29日号

  • LINE
  • hatena
バンドを表現した作品を前にする田口さん
バンドを表現した作品を前にする田口さん

 「手触りが柔らかいので、イメージしたものを思いのまま表現できるのが粘土の良さ」――。そう語るのは、上倉田町在住の田口ゆうこさん(74)。田口さんは、粘土を素材にした人形をつくり続けている。3月上旬には、男女共同参画センター横浜(フォーラム)の手作り市で作品を出展するなど、活躍の幅を広げている。

独学の良さ噛み締める

 ”粘土人形”との出会いは10年ほど前、友人に紹介されたのがきっかけだ。一目みて、「薄くのばしたり、ちぎって丸めたり。自由な発想ができてなんだか楽しそう」と感じたという。当時、ちょうど「何か趣味がほしい」と考えていたこともあり、思い切って取り組んでみることに。

 だが、いざ行動に移すと「近所に教室がない」という問題に直面。「だったら自分で好きなようにつくろう」と思い立つ。技術を身に付けるため、関連本を手に研究を重ねる日々が続いた。次第に「伸びが良く、頑丈な粘土を」と素材にもこだわるようになり、「独学だと慣れるまでに時間が掛かるけど、型にとらわれず、のびのびと作れるから楽しい」と作業の醍醐味を話す。

 現在は、音楽好きの夫の影響から、ジャズバンドをモチーフにした作品づくりに勤しんでいる。「市内で開催されたジャズの演奏会に行ったとき、とても格好良くて感動した。その様子を自分なりに目いっぱい表現できたら」と制作への熱意を語った。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

プログラミングに挑戦

区内学童保育児童ら

プログラミングに挑戦 教育

専門学校の学生が指導

8月22日号

地域の歴史を学ぶ

地域の歴史を学ぶ 文化

「戸塚見知楽会」 9月にふたつのイベント

8月22日号

地域向けの祭り 賑わう

名瀬町の特養

地域向けの祭り 賑わう 文化

約150人が来場

8月22日号

日中友好寄席で笑顔に

日中友好寄席で笑顔に 文化

24日 あーすぷらざ(栄区)

8月22日号

在留外国人対応策を拡充

横浜市

在留外国人対応策を拡充 社会

11言語で困りごと解決

8月22日号

サチモス“ハマスタ”凱旋

9月8日開催

サチモス“ハマスタ”凱旋 文化

横浜出身メンバー「感謝伝えたい」

8月15日号

地元企業との連携模索

区内社会福祉法人

地元企業との連携模索 社会

意見交換会が白熱

8月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第224回

    男のおしゃれ学

    「敵とするか味方にするか」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    8月15日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク