戸塚区版 掲載号:2018年4月12日号 エリアトップへ

柏尾富士見台自治会 高齢者の買物送迎を支援 地元の社福法人が車両提供

社会

掲載号:2018年4月12日号

  • LINE
  • hatena
買物送迎をする車両を前に、笑顔を見せる関係者
買物送迎をする車両を前に、笑顔を見せる関係者

 柏尾富士見台自治会(池原昌平会長)が、地元の2社会福祉法人所有の車両で、同自治会の高齢者を区内の商業施設まで送迎する買物支援を行っている。利用者から好評を得ており、取りまとめをしている戸塚区社会福祉協議会は他地域でも普及させていきたい考えだ。

 「買物に行くと、その日はずっと調子が良くて。毎回楽しみにしている」。こう感想を話すのは送迎サービスを利用する高齢者の一人。

 同自治会エリアは高台にあることから、足腰が弱くなっている高齢者にとって、日々の食料品などの買物は課題の1つ。加えて現在、近隣のイオン戸塚店が店舗リニューアルのため一時閉鎖しており、買物がこれまで以上にしにくくなっている。

定員超えの人気振り

 こうした状況を受け昨秋、区社協が柏尾地区の民生委員を務める秋山洋子さん、池原会長と買物支援ができないか相談を開始。近隣の2社会福祉法人に車両の貸し出しを打診したところ、快諾を得たことから今回の取り組みが実現した。

 協力しているのは、特別養護老人ホーム「恒春の丘」、介護老人保健施設「リハパーク舞岡」を運営する親善福祉協会と、特別養護老人ホーム「ライフヒルズ舞岡苑」を運営する豊笑会。両法人合わせて3台の車両を貸し出している。

 行く先は、アピタ戸塚店とマルエツ戸塚舞岡店。月に各1回、60分(アピタ)、30分(マルエツ)、見守りボランティアが同行するなか、参加者は自由に買物ができる。

 今年1月からの本格始動後これまでに毎回、車両定員の4人から6人程度が参加。秋山さんによると、リピーターが多く、定員を超えることもある人気振りという。

 池原会長は「両法人の協力に感謝している。自治会隣接エリアの高齢者でご希望があれば相談を(問合せは戸塚区社協【電話】045・866・8434)」とし、両法人は「地域貢献ができてやりがいを感じている」と語る。

 区社協担当者は「他地域でも普及させたい。移動販売車なども視野に別の法人、企業にも声掛けしたい」と話している。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

ラップで「戸塚愛」表現

区出身アーティスト

ラップで「戸塚愛」表現 文化

”地元の先輩”を迎えた新曲

1月23日号

オリ・パラ  準備は万端

黒岩知事インタビュー

オリ・パラ 準備は万端 社会

1月23日号

ラポール上大岡オープン

ラポール上大岡オープン スポーツ

障害者スポーツの拠点

1月23日号

環境変化に対応し10年

戸塚区子育て支援拠点

環境変化に対応し10年 社会

母親のつながり生かす

1月16日号

定住意向が8割に

戸塚区民意識調査

定住意向が8割に 社会

「生活・交通の利便性」評価

1月16日号

「戸塚のまちづくり一緒に」

吉泉区長

「戸塚のまちづくり一緒に」 社会

本紙に新年の抱負 語る

1月9日号

2788人が門出

戸塚区の新成人

2788人が門出 社会

13日、横アリで式典

1月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク