戸塚区版 掲載号:2018年4月19日号 エリアトップへ

皆様の声をカタチに! 市政報告 災害対策に「ドローン」を 横浜市会議員 中島みつのり

掲載号:2018年4月19日号

  • LINE
  • hatena

 私が一貫して取り組んでいるのが、横浜市の防災・減災対策の拡充です。担当の消防局、総務局もより一層整備を進めていますが、こと災害対策に限って「これで大丈夫」ということはありません。その基本的な考えの下、今年度予算特別委員会の場で消防局長などに質問を行いました。

上空から現地情報収集

 無人航空機「ドローン」は、数年前から様々な分野で実証実験が行われ、活用方法はメディアなどで取り上げられています。

私は以前からドローンを災害対策に応用できると考えています。具体的には大規模災害時、上空から現地の情報収集を可能にするものと期待しています。

 これに対し、消防局長は既に平成28年度検証のためにドローンを1機購入したことのほか、翌29年度には災害時の活用の検討に入ったこと、同年9月の市総合防災訓練等で飛行訓練を実施したと答弁。さらにこれまでに9件、火災の延焼状況の確認や人命検索などで実際に有効性を確認しているとしています。

操縦者増加が必要

 また警防部長によると、中核市では8消防本部が導入。一方政令指定都市では、さいたま市と千葉市が導入していますが、両市とも現在まで出動は数回にとどまっており、横浜市は積極的に取り組んでいることが分かります。ただ航空法の規制があり、人口集中地区では飛行禁止区域が定められており、横浜市はほぼ全域が該当。そのため、操縦者は屋外での訓練ができない状況です。そんな中、6人が国交省から許可されているものの、操縦者の数を増やすには屋外での訓練が不可欠。今後、法律の規制緩和が必要と考えます。

 市は今年度からの本格運用に向け、安全・確実に運行するための活動マニュアルを策定します。加えて救助資器材の搬送や有毒ガスの測定などの活用も検討しており、ドローンが活躍する範囲が広がっています。

 市民の安全確保に向けてさらに精度が上がるよう、関係局に要請します。

横浜市会議員 中島光徳

神奈川県横浜市戸塚区原宿4丁目13-12

TEL:045-410-6307
FAX:045-410-6308

http://nakajima-mitsunori.com/

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

経済的理由で中退させるな

県政報告 106

経済的理由で中退させるな

神奈川県議会議員 北井宏昭

1月13日号

市の未来へ今年も全力投球

ガッツ市政政告【8】

市の未来へ今年も全力投球

横浜市会議員 坂本勝司

1月6日号

2022年のテーマは「再起動」

横浜市会報告

2022年のテーマは「再起動」

横浜市会議員 鈴木太郎

1月1日号

コロナ禍での災害対策強化へ!

皆様の声をカタチに! 市政報告

コロナ禍での災害対策強化へ!

横浜市会議員 中島みつのり

1月1日号

人口減少社会へ準備せよ

県政報告 105

人口減少社会へ準備せよ

神奈川県議会議員 北井宏昭

1月1日号

子どもの幸せと家庭教育

元ワーキングママがゆく 45 市政レポート

子どもの幸せと家庭教育

横浜市会議員 伏見ゆきえ

1月1日号

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

平成横浜病院

健康の目標を立ててみよう!

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月16日0:00更新

  • 12月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook