戸塚区版 掲載号:2018年5月10日号
  • LINE
  • はてぶ

戸塚区民生委員 独居高齢者情報を共有 緊急時に備え、カード改良

社会

カードの説明をする大副副会長
カードの説明をする大副副会長
 区内の民生委員(※)からなる「戸塚区民生委員児童委員協議会」は5月から、主に独居高齢者へ「あんしんカード」を普及させる。親族の連絡先などの情報を、高齢者本人と民生委員、自宅に訪れた救急隊等が共有できる状態にすることで、災害や傷病といった緊急時に備える。

 「あんしんカード」は東日本大震災をきっかけに同会が作成し、2011年度から使用されている。主に一人暮らしの高齢者が親族や友人などの緊急連絡先、かかりつけ医療機関、持病などの情報を記入。自宅の電話機や冷蔵庫へ貼付してもらうことで、訪れた救急隊などに情報を知らせるのが主な目的だった。

 今回、このカードを改良。二枚複写式となっており、一枚をこれまで通り高齢者が自分で保管し、もう一枚を各地域の民生委員が持つ。緊急時には民生委員も、このカードをもとに親族やかかりつけ医などと素早く情報共有できる。同協議会の大副(おおぞえ)祥一副会長は「これまで、これだけの情報を把握するのが難しかったので、今回の改良はよかった」と話す。カードを利用する、ある一人暮らしの女性は「情報を預けるだけだが、とても安心できる」と話す。

 民生委員は今後1年をかけカードを周知する。大副副会長は「個人情報なので管理は徹底する。記入は任意だが、ぜひ利用していただきたい」と呼び掛ける。

 あんしんカードについての問合せは事務局(戸塚区福祉保健課) 【電話】045・866・8418。

※民生委員…地域住民が担う非常勤の地方公務員。主に地域に住む高齢者や障害者などの見守り活動を行う。戸塚区では約300人が活動する。

10/26家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

「個性ある店づくりが必須」

有隣堂代表松信裕氏

「個性ある店づくりが必須」

10月18日号

介護人材に留学生ら

横浜市

介護人材に留学生ら

10月18日号

「戸塚に恩返ししたい」

横浜銀蝿 翔さんインタビュー

「戸塚に恩返ししたい」

10月11日号

設立10周年を皆で祝う

とつか宿駅前商店会

設立10周年を皆で祝う

10月11日号

関内・外地区の活性化に一手

精神障害者の就労に尽力

舞岡町やまぶき工房

精神障害者の就労に尽力

10月4日号

高齢者の住み替えを支援

自宅を売却して転居費用に充当! ウスイホームに相談ください

http://www.usui-home.com/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「碧色の風景」に自身投影

下倉田町在住大久保さん

「碧色の風景」に自身投影

油絵の個展 26日まで

10月2日~10月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク