戸塚区版 掲載号:2018年6月14日号
  • LINE
  • hatena

県ドリームハイツ老人会 パラ競技「ボッチャ」に熱中

スポーツ

ゲームを楽しむ参加者たち
ゲームを楽しむ参加者たち
 県ドリームハイツの老人会、エル・エル・クラブ(鈴木健之会長)と福寿会(伊藤功一会長)は、定期的にパラリンピックの正式種目「ボッチャ」に取り組んでいる。シンプルなルールで年齢関係なく楽しめるこの球技は、健康づくりや地域交流に一役買っている。

健康増進や地域交流に一役

 ボッチャとは、障害のある人に向けてヨーロッパで生まれたスポーツで、パラリンピックの正式種目にも認定されている。

 ルールはシンプル。男女区別のない、2人または3人のチームに分かれ、ジャックボールと呼ばれる白いボールを目標に、赤・青それぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたりする。ジャックボールに近づけた球が多いチームが勝ちとなる。

 試合の流れがカーリングに似ていることから、「床の上のカーリング」とも呼ばれ、子どもから高齢者まで幅広い年齢層に親しまれている室内スポーツだ。

勝つためのコツ見出す

 県ドリームハイツ内の老人会、エル・エル・クラブと福寿会は、月に2回程度、合同でボッチャの体験会を行っている。誰でも簡単に取り組めるスポーツを通して、健康の維持増進を図ろうと、伊藤会長の呼びかけで今年4月からスタートした。毎回10人ほどが参加。日ごろ運動量が少ない人や、体が動きづらくなった人が、ほどよい汗を流す良い機会となっている。

 始めた頃は、同スポーツと規則が似ている球技・ペタンクの経験がある会員が筆頭となり、ルールブックを参考に見よう見まねで取り組んだという。メンバーの一人は「ボールが柔らかく変形しやすいので、最初はなかなか思うようにコントロールできなかった」と難しさを振り返る。

 だが、練習を重ねることで徐々に上達していき、現在では相手のボールをジャックボールから離すために敵の球をはじき飛ばす技を習得した人も。「各々で勝つためのコツを見出すことで、楽しく熱のこもったプレーできる」と醍醐味を話す。

「みんなで盛り上がれる」

 また、試合中は、チームメイトと「どのあたりにねらいを定めるか」などを相談しながらゲームを進めていくため、近隣住民とコミュニケーションを図ることもできるという。「みんなで盛り上がれる競技なので、知らない人とチームを組んでも自然と仲良くなれる。地域交流の一手段として今後も続けていければ」と両会の会長は話す。

 次回の体験会は6月22日(金)、県ドリームハイツ第1集会所で開催される。午前9時半から11時半まで。「お誘いわせの上、ぜひご参加を」と伊藤さん。問合せは【電話】045・852・2262。

戸塚区版のローカルニュース最新6件

1月19日 ヘルスケアセミナー

「肝硬変のお話」=予防につながる生活や食にを紹介・参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「日本の唄を一緒に歌おう」

タンゴ歌手小原さん

「日本の唄を一緒に歌おう」

1月20・21・24日 区内各所で

1月20日~1月24日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第215回

    男のおしゃれ学

    「哲学者のソクラテス」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    1月17日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク