戸塚区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

戸塚駅地下への浸水を防ぐ訓練 「止水板」を設置

社会

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena
トツカーナに止水板を設置する訓練参加者。台風18号により駅地下に水が流入した(右。戸塚区提供)
トツカーナに止水板を設置する訓練参加者。台風18号により駅地下に水が流入した(右。戸塚区提供)

 戸塚区は7月12日、戸塚駅地下への浸水を想定した対策訓練を実施しました。2014年10月に発生した台風18号により、柏尾川の水があふれ、同駅地下に水が流れ込んだことを受け、翌15年から行っているもの。

 当日は、神奈川県東部に大雨・洪水警報が発表され、元町橋河川の水位が避難判断水位を超えた――と想定し、関係機関が訓練をスタート。市営地下鉄、トツカーナ、ラピスビル、区役所、戸塚土木事務所などは、それぞれ担当エリアで水の侵入を防ぐための「止水板(しすいいた)」を設置していきました。

 また、今回は初めて複数同時通話が可能となる無線機「IPレシーバー」を活用し、訓練参加者は情報交換を実施。円滑に進むのか確認作業をしていました。庁舎周辺14カ所に止水板を設置した戸塚区の担当者は「最近は短時間に集中的に豪雨が降ることが増えている。柏尾川は大きな河川であり、危機感を持っている」と話しました。訓練を視察した名取正暁戸塚消防署長は「西日本で起きた豪雨による甚大な被害はまったく他人事ではない。止水板は水の流入を防ぐ効果が期待できるものだが、日頃の準備が重要なので、訓練の精度をより高めてほしい」と語りました。

自分と家族の命を守ろう!

台風シーズン到来! 戸塚区役所が作成する3種類のハザードマップ確認

https://www.city.yokohama.lg.jp/totsuka/kurashi/bosai_bohan/saigai/hazardmap.html

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

藤沢市の救護体制支援

横浜医療センター

藤沢市の救護体制支援 社会

「ドクターカー」運用で協定

9月17日号

「平時のうちに情報収集を」

「平時のうちに情報収集を」 社会

吉泉戸塚区長に聞く

9月17日号

「地域守る人を求む」

消防団

「地域守る人を求む」 社会

戸塚駅に横断幕設置

9月17日号

避難所感染に対策徹底

避難所感染に対策徹底 社会

コロナ禍で区が準備

9月17日号

レイダレッツに合格

米NFLチアリーダー

レイダレッツに合格 スポーツ

戸塚区出身 瓜生桂さん

9月10日号

メディア3社と協定

神奈川県

メディア3社と協定 社会

コミュニティ再生で連携

9月10日号

源頼朝を祭神に1302年に設立

3年に一度の例大祭では源頼朝の遺髪が一般公開される。

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月17日号

お問い合わせ

外部リンク