戸塚区版 掲載号:2018年8月16日号 エリアトップへ

子ども向け日本舞踊教室を開催する「戸塚文化協会日本舞踊部」部長を務める 西川 扇吉優(せんきちゆう)さん(本名 小林 美恵子) 矢部町在住

掲載号:2018年8月16日号

  • LINE
  • hatena

果てない精進の道 前向きに

 ○…区内文化団体の交流や文化振興をはかる「戸塚文化協会」の日本舞踊部部長を務める。伝統的な文化に興味を持ってもらおうと、小学生から高校生向けの日本舞踊教室を企画し、今年度から毎月のペースで開催している。教室では着物の着方やあいさつの方法なども指導。「若者にとってはすべてが新鮮な様子。真剣な表情がうれしいです」と笑顔で話す。

 ○…子どもたちに知ってほしいことのひとつに、日本舞踊の「奥深さ」がある。「何百年もかけて洗練されてきた動きは美しいが、習得するのは困難を極めます」。物語や人の感情を体ひとつで表現できることも日本舞踊の魅力で「ふだんから世の中をよく観察するようになる」という。師範として指導にあたる一方、いまも稽古を受け続け芸を磨き続けている。

 ○…長野県生まれ。高校の頃に父の勧めで日本舞踊を始めた。大学卒業後は国語教師として高校に勤務。その後結婚して子宝にも恵まれた。環境が変わってもずっと続けてきたのが、ほかでもない日本舞踊だった。「一筋というよりも、結果的に残ったのが日本舞踊。やっぱり好きだったんだと思います」。数年前に膝を悪くし一時は杖を使ったが、リハビリにより克服。日本舞踊の要である「立ち振る舞い」が続けられるよう、今も健康維持への努力を欠かさない。

 ○…一昨年には師範になって40年を迎え、記念の舞踊会を開催した。夫が病床に伏すなかでの準備は、決して心穏やかではなかった。その一方で、楽しみに本番を待つ夫の存在が支えになったという。「夫は本番の翌月に亡くなりましたが、気持ちに応えられてよかった」と話す。大切にするのは「前向き」でいること。「いまが輝いています」と、穏やかに、そして情熱を込めて話した。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

飯島 健太さん

明治学院大学戸塚まつり準備会代表の

飯島 健太さん

戸塚町在住 20歳

5月23日号

夏井 祐矢さん

映画や映像を通じて戸塚の振興促進を目指す「シネマトトツカ」の代表を務める

夏井 祐矢さん

港北区在住 31歳

5月16日号

鈴木 好幸さん

皇室や多くの文化人らに愛される洋食器メーカー(株)大倉陶園の代表取締役を務める

鈴木 好幸さん

南区在住 60歳

5月1日号

佐藤 重義さん

戸塚消防署の署長を務める

佐藤 重義さん

鎌倉市在住 58歳

4月25日号

齋藤 春香さん

戸塚区を拠点とする日立ソフトボール部の監督に就任した

齋藤 春香さん

日立ソフトボール部所属 49歳

4月11日号

射水(いみず) 邦夫さん

設立20周年を迎えた中高年男性向け料理同好会「MCC戸塚」の代長

射水(いみず) 邦夫さん

舞岡町在住 76歳

4月4日号

⻆坂 美枝さん

10周年を迎え、このほど移転した「ふらっとステーション虹」代表の

⻆坂 美枝さん

戸塚町在住 79歳

3月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多様なジャンルの名曲熱演

ピアノとギターのデュオ

多様なジャンルの名曲熱演

6月8日 さくらプラザ

6月8日~6月8日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第220回

    男のおしゃれ学

    「青い色の服は海のイメージ」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    5月23日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク