戸塚区版 掲載号:2018年8月30日号 エリアトップへ

汲沢の画家故・田谷そよさん 1日、2日にお別れ会 再開発前の商店街等描く

文化

掲載号:2018年8月30日号

  • LINE
  • hatena
そよさんが描いた再開発前の戸塚駅前商店街の風景
そよさんが描いた再開発前の戸塚駅前商店街の風景

 再開発前の戸塚駅前の商店街などを描き残したことで知られる、汲沢の画家・田谷そよさんが7月25日、80歳で急逝した。それを受け、9月1日、2日にそよさんのギャラリーでお別れ会が行われる。

 「突然逝ってしまい本当に驚いています」。こう語るのは、一人息子の祐紀さんだ。

 7月25日未明、自宅で心不全を起こし亡くったそよさん。祐紀さんの強い思いから2000年に開設した「あーとすぺーす風」(汲沢4の21の7)で9月1・2日にお別れ会を開催する(午前10時〜午後6時)。

 両日はそよさんが残した、季節の花々などを題材にした水彩画が展示される。祐紀さんは「母の作品づくりの拠点であり、思いがつまったこのギャラリーへ気軽にお越し頂ければ」と話している。

40代から本格始動

 そよさんは、1938年に鶴見区で生まれる。戦争中に両親の故郷である愛媛県に疎開、そのまま高校卒業まで過ごす。多摩美術大学の図案科進学と同時に上京。卒業後は企業のデザイン室に勤務していたという。26歳で結婚し、30代前半に汲沢に転居してきた。祐紀さんの幼い頃の記憶に残るのは自宅で皮革工芸に取組む、そよさんの姿だ。「とにかく手先の器用な母で、業者から注文を受けたバッグを中心にアクセリーや人形まで、皮を使って作っていました」と懐かしむ。元々得意だった絵に本格的に取り組み始めたのが40代の頃。自宅近くの空き地などに咲くたんぽぽやすすきなどから描き始めたという。水彩画を選んだのは、手軽に筆を握れることと、さらっとした風合いが好みに合っていたからと祐紀さんは推測している。

 膨大な数の作品を生み出しながら、60歳を越えた頃に「あーとすぺーす風」を開設。月の始めは常設展を、中旬は絵画教室を開くなど、指導にも力をいれていた。

 そんな中、戸塚駅前の再開発が始まる。失われていく昔ながらの商店街の風景を描き残そうと、キャンバスに向かったそよさん。これをまとめたのが生前、ただ一冊の画集として世に出した「戸塚はこんな街でした」だ。

 この画集は評判となり、そよさんの代表作となった。

 祐紀さんは「母は描きたい題材を描き続けた。でもまだ描きたりなかったかも知れない。一方で私にたっぷりの愛情をそそいでくれた。感謝しています」と静かに語った。

在りし日のそよさんと、作品を前にする祐紀さん
在りし日のそよさんと、作品を前にする祐紀さん

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園、販売区画残りわずか!

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

青少年育成し、半世紀へ

ボーイスカウト横浜第87団

青少年育成し、半世紀へ 教育

戸塚駅周辺で活動中

4月15日号

太鼓芸能集団で活躍中

上倉田町出身中谷憧さん

太鼓芸能集団で活躍中 文化

5月から全国ツアー参加

4月15日号

散歩マップを作成

名瀬地区子育て連絡会

散歩マップを作成 社会

公園・遊具情報など1枚に

4月8日号

災害協定を締結

戸塚区とジェイコム

災害協定を締結 社会

保有車両で救援物資運ぶ

4月8日号

区、二次元コード 掲出

戸塚駅周辺

区、二次元コード 掲出 社会

情報発信に工夫

4月1日号

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 社会

非常用に蓄電池配備

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

http://nakajima-mitsunori.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • とつか歴史探訪

    とつか歴史探訪

    ■〜旧東海道・戸塚宿を訪ねる〜第61話 〜時宗のお寺(冨塚山)親縁寺(しんねんじ)〜 

    4月15日号

  • 「仲間とは、一生涯の宝」

    団員募集中 魅力たくさん!戸塚消防団

    「仲間とは、一生涯の宝」

    Vol.1 鈴木進団長

    4月15日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク