戸塚区版 掲載号:2018年9月6日号 エリアトップへ

(PR)

意見広告 共働きのご家庭も幼稚園へ 初音丘学園理事長 渡邉眞一

掲載号:2018年9月6日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市内の私立幼稚園(256園)では、176園で8万4865の園児が預かり保育を利用しています[平成28年度実績]。この園児のご家庭の大半はご両親が共働きです。夏休み期間中、幼稚園は休園でしたが預かり保育は保育所並みの保育時間を確保し、教育面から質の高い子育て支援サービスに努めてきました。

 いわゆる横浜方式の子育て支援事業であり、3〜5歳児を対象とした待機児童解消策の一つを私立幼稚園が支えているといえます。パートで働く親、フルタイムで働く親への子育て支援としての利用度は年々増加しており「共働きのご家庭も幼稚園!」というスタイルがすっかり定着した感じがあります。

 園児は早朝から教育時間の始業時まで、そして教育時間終業後から夕方まで、毎日園で生活しています。この長時間の生活は保育所の一日と同じです。「仕事は続けたいが幼稚園にも通わせたい」という願いが叶って「仕事を持っていてもわが子は入園できるんだ」と、大喜びのご家庭がこの数年どんどん増えているのも事実です。

 専業主婦家庭の子は幼稚園、共働き家庭の子は保育所という枠組みの時代から、幼稚園教育機能と保育所機能を併せ持つ時代に変わったといえるのではないでしょうか。

3歳児からは「教育」が必要

 近頃、「3歳になるのでわが子を幼稚園に入れたい」という共働き家庭の要望が増えています。私はこの考え方はお子さんにとって正しい選択のひとつとだと思います。なぜなら幼稚園教育は、3〜5歳児の遊びの場・学び(学習)の場、そして生活の場です。この3つの場の質が保育所とは大きく違うからです。

 保育所の0〜2歳の子どもたちは保育士と向き合って毎日、楽しく遊び、園の生活を送っています。その子どもたちが3歳になると子どもたちの動きは大きくなります。保育所の施設では満足のいく生活を送ることはできないでしょう。ましてや4、5歳時になるとなおさらのことです。

 幼稚園は学校教育法に定められた「学校」です。そして今日の幼稚園は小学校教育の準備期間であると法律でうたっています。わが子がスムーズに小学校に入学されるその姿を大切にされ、3歳児になったら幼稚園に入園することをお勧めしたいと考えております。

初音丘学園

戸塚区版のピックアップ(PR)最新6

インプラント 正しい知識伝える

横浜クリニック

インプラント 正しい知識伝える

10月2日(土)、オンライン講座

9月23日号

家の不用品、一掃を

風水害対策にも効果

家の不用品、一掃を

「トラック積み切りプラン」依頼が増

9月16日号

テレカの買取強化中

査定無料の「買取店わかば ライズモール戸塚店」 新規オープン

テレカの買取強化中

未使用品1枚からOK

9月16日号

24時間抗菌するスプレー

災害時の備え・普段使いに

24時間抗菌するスプレー

虫や害獣忌避商品も好評

9月16日号

税理士による個別無料相談

不動産に関する税金の問題なら 参加無料

税理士による個別無料相談

トツカーナモール4階の三井のリハウスへ

9月16日号

台風の窓ガラス対策に

台風の窓ガラス対策に

「ガラス飛散防止・防災フィルム」で備え

9月16日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月2日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook