戸塚区版 掲載号:2018年10月25日号 エリアトップへ

ステンドグラス作家平山さん 区庁舎にも作品設置 横浜文化賞を受賞

文化

掲載号:2018年10月25日号

  • LINE
  • hatena
区庁舎4階に設置される作品。ユーモラスでありながら幻想的雰囲気も持つ
区庁舎4階に設置される作品。ユーモラスでありながら幻想的雰囲気も持つ

 戸塚区総合庁舎に設置されているステンドグラスに見入った人も多いだろう。製作した平山健雄さん(69)は、市開港記念会館のステンドグラス修復なども手掛けた第一人者だ。11月22日に贈呈式が行われる横浜文化賞にも選出され、活躍が続いている。

 「不思議な縁があり、私の作品は区役所を始め、西横浜国際総合病院など市内では戸塚区が一番多いんです」。平山さんは柔和な笑顔を見せながらこう語る。

 平山さんは1973年、武蔵野美術大学卒業後76年に渡仏。フランスの国立高等工芸美術学校で本格的にステンドグラスを学び始めた。以後、日本はもとより、世界各地で個展を開くなど活躍の幅を広げていく。84年から市内に工房を構え、さらに作品作りは深化を続ける。こうした点が評価され、00年に横浜マイスターにも選出。技術伝達にも熱心で、港北区役所に設置されているステンドグラスを地域住民らが作成するにあたり、その指導にもあたっている。

”光”に最大限気を配る

 戸塚区総合庁舎4階に設置されるステンドグラスは、13年に庁舎が新設される際、創立50周年を迎えた戸塚ロータリークラブが祝いとして区に寄付したもの。当時同クラブ会長を務めていた金子禎さんは「高名を聞き依頼した。素晴らしい作品で、今では区の宝物の1つになっている」と語る。

 平山さんは、創作にあたり、戸塚の歴史を詳細に調べ上げ、それを反映。

作品は「Totsuka宿」と名付けられ、江戸時代の浮世絵師・英泉の「東海道五拾三駅名所古跡略記道中双六」から戸塚に関わるところなどの絵を周囲に配したほか、現在の箱根駅伝、戸塚区のイメージキャラクターの「ウナシー」まで盛り込んでいる。もっとも気を配ったのは、ステンドグラスの要となる”光”だ。当時工事中の庁舎に日光が差す時間に足を運び確認しながら作品を生み出した。平山さんは「依頼者の希望に最大限応えながら私自身の思いも作品に投影している。市内にはまだ貴重なステンドグラスが残っている。その修復・保存にも力を注ぎ、次世代に継承したい」と話している。

横浜マイスターでもある平山さん
横浜マイスターでもある平山さん

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

沖縄の課題、小説で提起

矢部町照井さん

沖縄の課題、小説で提起 文化

無理解に危機感じ、執筆

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

糸のこ作品に思い込める

深谷町在住久野さん

糸のこ作品に思い込める 文化

大病を機に没頭

6月3日号

戸塚のシンボル、修繕へ

薬科大学図書館棟

戸塚のシンボル、修繕へ 社会

来年3月に完了予定

6月3日号

ハトのフン害対策に一手

戸塚駅周辺

ハトのフン害対策に一手 社会

商店主らがヒトデ活用

5月27日号

特例貸付 5.8万件に

特例貸付 5.8万件に 経済

コロナ禍 市内の申請増加

5月27日号

平成横浜病院

骨の心配ごとありませんか?

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter