戸塚区版 掲載号:2018年11月15日号 エリアトップへ

11月21日、初のフルアルバム「Side by Site」をリリースする MONJI2C(モンジトゥーシー)さん 深谷町在住 

掲載号:2018年11月15日号

  • LINE
  • hatena

歌も看護も「人に寄り添う」

 ○…自身初のフルアルバムを全国リリースする。力強い歌声を持ち味とし、夢を諦めかけた人への応援歌を中心にレゲエとポップスを掛け合わせた曲調の12曲を収録。作詞・作曲をはじめ、ジャケットのデザインまで手掛けた自信作だ。「自分史上、最高の作品です」。熱を込めて話す。

 ○…多いときは年間200回ライブを行うほど、バイタリティに溢れる。曲作りではつねに「人に寄り添う」を意識。愛読している小説の言い回しなども参考にして歌詞を書き、メロディーに乗せていく。こうして生みだされた曲は「聴くと生きる希望が沸いてくる」とファンに支持され、6年前に行った初のワンマンライブは150人のライブハウスが満員に。「こんなに多くの人が駆けつけてくれるなんて……」と無上の喜びに浸った。

 ○…中学1年の頃、意識不明に至るほど大きな交通事故に遭う。そんなとき、献身的に支えてくれたのが入院先の看護師だった。「人を癒せる仕事って素敵だなぁ」。そんな憧れから、15年前に自身も看護の道へ。歌手になったのはほぼ同時期で、動機も同じ。「次は昔から好きな“歌”で人を元気にしたい」。仕事との両立に苦労しながらも、ボイストレーニングやライブを重ねて技術を向上させた。二足のわらじを履く中で得た「看護師も歌手も人が弱っているときに側にいてあげられる存在」という確かな実感が、自身を支えている。

 ○…8年前の春、戸塚へ。「この街に来て初めて散策した場所が柏尾川。桜が本当に奇麗だった」。その色褪せない記憶を形にしたのが今作7曲目の「柏尾川」。3月に行われたとつかソングコンテストでも入賞を果たし、代表曲の一つとなっている。「次は戸塚を題材にしたアルバムを作りたい」。新たな夢を抱き、前進する。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

飯島 健太さん

明治学院大学戸塚まつり準備会代表の

飯島 健太さん

戸塚町在住 20歳

5月23日号

夏井 祐矢さん

映画や映像を通じて戸塚の振興促進を目指す「シネマトトツカ」の代表を務める

夏井 祐矢さん

港北区在住 31歳

5月16日号

鈴木 好幸さん

皇室や多くの文化人らに愛される洋食器メーカー(株)大倉陶園の代表取締役を務める

鈴木 好幸さん

南区在住 60歳

5月1日号

佐藤 重義さん

戸塚消防署の署長を務める

佐藤 重義さん

鎌倉市在住 58歳

4月25日号

齋藤 春香さん

戸塚区を拠点とする日立ソフトボール部の監督に就任した

齋藤 春香さん

日立ソフトボール部所属 49歳

4月11日号

射水(いみず) 邦夫さん

設立20周年を迎えた中高年男性向け料理同好会「MCC戸塚」の代長

射水(いみず) 邦夫さん

舞岡町在住 76歳

4月4日号

⻆坂 美枝さん

10周年を迎え、このほど移転した「ふらっとステーション虹」代表の

⻆坂 美枝さん

戸塚町在住 79歳

3月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多様なジャンルの名曲熱演

ピアノとギターのデュオ

多様なジャンルの名曲熱演

6月8日 さくらプラザ

6月8日~6月8日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第220回

    男のおしゃれ学

    「青い色の服は海のイメージ」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    5月23日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク