戸塚区版 掲載号:2018年12月6日号
  • LINE
  • hatena

東戸塚地域ケアプラザ 認知症学ぶイベント初開催 SNS使い、声かけ体験も

社会

スマートフォンを使って行方不明者を探す参加者
スマートフォンを使って行方不明者を探す参加者
 東戸塚地域ケアプラザが12月1日、東戸塚駅周辺で認知症の人への接し方などを学ぶイベントを初めて行った。高齢社会の進行とともに増加する同症への対応方法を広く知ってもらおうと企画したもの。

◇  ◇  ◇

 東戸塚地域ケアプラザは、高齢者に関する相談窓口となる、区の地域包括支援センターの1つ。東戸塚・川上両地区を担当している。同ケアプラザによると、年々介護保険の相談件数が増えており、2016年度は1871件、17年度は2458件、30年度は11月時点で1700件を超えている。すべてが認知症に関するものではないが、職員の一人は「確実に増えてきている」と話す。

 その傾向は区全体でも進んでおり、14年度の認知症数(要介護認定2以上)が約5400人だったのに対し、18年は6011人になっている(3月末時点)。区高齢・障害支援課では「相談に来られない方もおり、実際の数がもっと多い」と見ている。

 こうした状況を受け、同ケアプラザは16年から地域住民や高齢者施設、民生委員、西武東戸塚店、イオンスタイル東戸塚などが参加する会議を開き、認知症高齢者の対応方法を、専門の医師を招くなどして学んできていた。今イベントは、不特定多数が行き交う東戸塚駅周辺で認知症への理解を一層深めようと企画した。

 当日は20人以上が参加。まず認知症サポーター講座からスタートし、症状の特性、家族や周囲がどうのように接すればいいか学んだ。その後行方不明者情報を発信するSNSを使い、認知症に扮した人に声かけをする模擬体験を駅周辺で行った。また、認知症に関する情報コーナーも駅前交通広場に設置した。

 同ケアプラザでは「誰もがなり得るのが認知症。”自分のこと”ととらえて欲しい。周囲の気づきが重要。今後も同様の企画を行いたい」としている。

戸塚区版のトップニュース最新6件

30年ぶりの神事に臨む

吉田町内会

30年ぶりの神事に臨む

12月13日号

中国旅行社と誘客タッグ

需要増加に伴い体制拡充

市救急相談センター♯7119

需要増加に伴い体制拡充

12月6日号

校歌・校章が完成

横浜深谷台小学校

校歌・校章が完成

11月29日号

「多様な人」との接し方学ぶ

東戸塚商店会

「多様な人」との接し方学ぶ

11月29日号

2歳児の受け入れ開始

市内私立幼稚園

2歳児の受け入れ開始

11月22日号

お肌のシミご相談ください

皮膚科で薬用美白クリームの処方が始まりました。※自費診療となります

https://yokohamahp.jp/

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

戸塚区誕生の経緯を学ぶ

戸塚区誕生の経緯を学ぶ

「見知楽会」が講演会

1月27日~1月27日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク