戸塚区版 掲載号:2018年12月6日号
  • LINE
  • hatena

東戸塚地域ケアプラザ 認知症学ぶイベント初開催 SNS使い、声かけ体験も

社会

スマートフォンを使って行方不明者を探す参加者
スマートフォンを使って行方不明者を探す参加者

 東戸塚地域ケアプラザが12月1日、東戸塚駅周辺で認知症の人への接し方などを学ぶイベントを初めて行った。高齢社会の進行とともに増加する同症への対応方法を広く知ってもらおうと企画したもの。

◇  ◇  ◇

 東戸塚地域ケアプラザは、高齢者に関する相談窓口となる、区の地域包括支援センターの1つ。東戸塚・川上両地区を担当している。同ケアプラザによると、年々介護保険の相談件数が増えており、2016年度は1871件、17年度は2458件、30年度は11月時点で1700件を超えている。すべてが認知症に関するものではないが、職員の一人は「確実に増えてきている」と話す。

 その傾向は区全体でも進んでおり、14年度の認知症数(要介護認定2以上)が約5400人だったのに対し、18年は6011人になっている(3月末時点)。区高齢・障害支援課では「相談に来られない方もおり、実際の数がもっと多い」と見ている。

 こうした状況を受け、同ケアプラザは16年から地域住民や高齢者施設、民生委員、西武東戸塚店、イオンスタイル東戸塚などが参加する会議を開き、認知症高齢者の対応方法を、専門の医師を招くなどして学んできていた。今イベントは、不特定多数が行き交う東戸塚駅周辺で認知症への理解を一層深めようと企画した。

 当日は20人以上が参加。まず認知症サポーター講座からスタートし、症状の特性、家族や周囲がどうのように接すればいいか学んだ。その後行方不明者情報を発信するSNSを使い、認知症に扮した人に声かけをする模擬体験を駅周辺で行った。また、認知症に関する情報コーナーも駅前交通広場に設置した。

 同ケアプラザでは「誰もがなり得るのが認知症。”自分のこと”ととらえて欲しい。周囲の気づきが重要。今後も同様の企画を行いたい」としている。

大和田 章雄

日本共産党戸塚区県政・教育部長 県立高校教員42年一人一人が輝く学校・社会へ

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

横浜市選抜大会で優勝

少年野球戸塚区選抜

横浜市選抜大会で優勝

3月21日号

耐震性なし300棟超

市指定路線沿道建築物

耐震性なし300棟超

3月21日号

家賃補助住宅伸び悩む

横浜市

家賃補助住宅伸び悩む

3月14日号

難病経て、漫画講座開設

矢部町在住白瀬さん

難病経て、漫画講座開設

3月14日号

大腸がん検診を無料化へ

横浜市

大腸がん検診を無料化へ

3月7日号

カワセミ写真撮影に情熱

鳥が丘在住光本さん

カワセミ写真撮影に情熱

3月7日号

地元横浜で80年。

墓石の販売・お墓のリフォームなら石半

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「幼なじみトリオ」の演奏会

さくらプラザ

「幼なじみトリオ」の演奏会

チケット発売中

5月16日~5月16日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第217回

    男のおしゃれ学

    「労働歌」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    3月21日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク