戸塚区版 掲載号:2018年12月6日号
  • LINE
  • hatena

県政報告 55 全国をリードする「ひきこもり対策」へ前進 神奈川県議会議員 北井宏昭

 県内の「ひきこもり」等の社会的孤立者は、15〜64歳で約9万人と推測されています。すでに生産年齢人口が減少傾向にある本県において、眠れる「人材の宝庫」としても、財政的側面からも「ひきこもり対策」は最重要課題です。

実態調査はされず

 これまで本県では様々な対策事業を行っていますが、問題が改善しない理由は、結果へのコミットが足りないこと。本気で解決する気ならば、問題の本質を見極めるための情報収集は絶対的に必要。しかし本県では、ひきこもりの実態調査を行っていません。さらに、助成を受けたNPO等の行った事業の結果や効果のデータも無く、これでは事業そのものの評価も検証も出来ません。

具体的強化策を提案

 そこで、県議会において質問趣意書と常任委員会質疑で、徹底した「ひきこもり対策」の強化を具体的に訴えました。

 常任委員会で、私の質疑に対し県は「今年度、幅広く行政窓口やNPOなど約400の相談機関等に対して調査を行う」と具体的に回答。

 質問趣意書では「市町村レベルでのチーム編成=マンパワーが必要で、それに対する財政措置も必要」と訴えたところ、「調査結果から、必要な事業への予算を計上する」また「部局横断的な協議の場を設け、全県庁で連携する」旨の答弁書が出されました。

 これらのことで全国的に対応の遅れている「ひきこもり対策」は次年度以降、本県が全国をリードします。人手不足を補うための入管法改正であるなら、ひきこもり対策も強化すべき。なぜなら、人材の宝庫なのですから。

北井宏昭

横浜市戸塚区戸塚町3870-1

TEL:045-871-5454
FAX:045-871-5459

http://www.kitai-hiroaki.jp

大和田 章雄

日本共産党戸塚区県政・教育部長 県立高校教員42年一人一人が輝く学校・社会へ

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6件

地元横浜で80年。

墓石の販売・お墓のリフォームなら石半

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「幼なじみトリオ」の演奏会

さくらプラザ

「幼なじみトリオ」の演奏会

チケット発売中

5月16日~5月16日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第217回

    男のおしゃれ学

    「労働歌」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    3月21日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク