戸塚区版 掲載号:2019年1月1日号 エリアトップへ

戸塚区小中学生ユニット 新体制で本格的スタート 1月7日に楽曲リリース

文化

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • hatena
(左上から時計回りに)KARINさん、HIYOさん、SHOUTAさん、DJ KARENさん、HANNAさん、WACOさん、KARENさん、MIISHAさん、KAOさん
(左上から時計回りに)KARINさん、HIYOさん、SHOUTAさん、DJ KARENさん、HANNAさん、WACOさん、KARENさん、MIISHAさん、KAOさん

 戸塚区在住の小学生を中心に結成された音楽ユニット「the Firstar(ザファスター)」に中学生メンバー2人が加入し、2019年から本格的に活動を開始する。1月7日には新曲「白雲らんらん」をリリース。「戸塚を盛り上げていきたい」と意気込む。

 戸塚区を拠点に、ダンスと歌を中心としたパフォーマンスを行う同ユニット。一昨年に結成され、昨年インターネットを通した楽曲配信でデビューを果たしている。これまでは小学3年から6年の7人編成だったが、昨年7月にオーディションを行い、中学生のメンバー2人が新たに加入。今回、新体制後初の楽曲リリースとなった。

 新メンバーのKAO(カオ)さんは「コツコツタイプ」で、KARIN(カリン)さんは「明るくて流行に敏感」。メンバーのHANNA(ハンナ)さんは「(加入によって)さらに表現に幅が広がった」と話す。

 「新曲は、恋をする男の子を応援する歌詞。感情を込めて歌った」と話すのはボーカルを務めるKAREN(カレン)さん。曲調もメンバーによるダンスが映えるポップなものとなった。1月7日から音楽配信サイトでリリースされるほか、区内で撮影されたミュージックビデオが動画共有サイト「YouTube」で発表される予定。メンバーのMIISHA(ミーシャ)さんは「誰でも真似できる振り付けがある。戸塚のみんなで踊りたい」と話した。

地元でも積極的な活動

 地元・戸塚を拠点としている同グループ。今年は戸塚区制80周年に関連した企画や、区内でのステージなど様々なイベントを予定している。

 同ユニットをプロデュースするミュージシャンのHAMMER(ハマー)さんは「メンバーはふだん地元の学校に通う普通の小中学生だが、きらっと輝く面を持つ。地元の方々に『自分も何かやってみたい』と思ってもらえるようなユニットにしていければ」と話した。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

学習指導に注力し10年

外国籍児童支援団体

学習指導に注力し10年 社会

保護者の悩みにも寄り添う

5月23日号

全国への切符手に入れる

舞岡中野球部

全国への切符手に入れる スポーツ

市大会で優勝果たす

5月23日号

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ 社会

全区でネットワーク構築

5月16日号

歴史積み重ね半世紀

大正ミニバス

歴史積み重ね半世紀 スポーツ

県内で最も古い発足

5月16日号

「大踏切」から見た2つの時代

戸塚町在住・桝谷さん語る

「大踏切」から見た2つの時代 社会

5月1日号

水泳でパラ五輪出場狙う

平戸町在住小石昌矢さん

水泳でパラ五輪出場狙う スポーツ

“左腕”でチャンスつかむ

5月1日号

「心臓リハビリ」普及に着手

横浜市

「心臓リハビリ」普及に着手 社会

市内病院中心に体制構築

4月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多様なジャンルの名曲熱演

ピアノとギターのデュオ

多様なジャンルの名曲熱演

6月8日 さくらプラザ

6月8日~6月8日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第220回

    男のおしゃれ学

    「青い色の服は海のイメージ」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    5月23日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク