戸塚区版 掲載号:2019年2月7日号 エリアトップへ

矢部町在住大崎さん 自宅を「地域交流の場」に 定期イベント継続し1年

文化

掲載号:2019年2月7日号

  • LINE
  • hatena
会話を楽しむ参加者(左が大崎さん)
会話を楽しむ参加者(左が大崎さん)

 矢部町在住の大崎和子さん(63)は、自宅へ近隣の人を招く交流会を、毎月のペースで続けている。開始から一周年となった1月24日に訪問すると、5人の女性が、大崎さんの作ったケーキを食べつつ、会話に花を咲かせていた。

 近隣住民を中心に、毎回20人〜30人が訪問するという。特に多いのは、子育てを終えた女性。参加者のひとりは「子育てを終えると共通の話題がなくなり、近所の人と道端で立ち話することも少なくなった。こうした地域交流の場はとてもありがたい」と話す。

 出発点は、大崎さんが得意とする「お菓子作り」だ。「2001年ごろにお菓子を知人に振る舞うイベントを自宅で行っており、楽しい時間を過ごせた。子育てが落ち着いたので、もう一度あの場が作れたらと思い立った」という。また子育て真っ最中の母親も息抜きできる場にもなればと、和室を子どもの遊び場として開放。ランチを囲み、母親どうしが交流する姿も見られる。「会話を楽しみ、ほっとできる場所を作っていきたい」と大崎さん。次回は2月20日(水)・21日(木)に開催予定。時間・場所などの問合せは【電話】045・871・6246。

平成横浜病院

過度な受信控えは健康上のリスクを高める可能性があります。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter