戸塚区版 掲載号:2019年2月7日号
  • LINE
  • hatena

区内2チーム バスケ県大会で優勝 練習成果や強み生かす

スポーツ

優勝を喜ぶ名瀬中女子バスケ部(写真上)と川上北ブルーデビルス
優勝を喜ぶ名瀬中女子バスケ部(写真上)と川上北ブルーデビルス

 区内の名瀬中学校女子バスケットボール部とミニバスチーム「川上北ブルーデビルス」が、それぞれ1月下旬に行われた県大会で優勝を果たした。両チームは日頃の練習の成果や強みを発揮し、勝利をつかんだ。

名瀬中はチームプレーで逆転勝ち

 名瀬中女子バスケットボール部は、1月27日に行われた1、2年生が出場する「第42回神奈川県中学校バスケットボール新人大会」の決勝戦で勝利し、栄冠を手にした。

 昨年から始まったブロック大会、市大会を突破し、今大会への出場に漕ぎつけた同部。

 県大会予選を勝ち抜いて迎えた決勝の相手は、強豪・相模女子大学中学部(相模原市)だ。試合の序盤で4点差をつけられるなど、立ち上がりに苦戦。そんな中、相手チームの強みが攻めのプレーであることを踏まえ、徹底的に守りに力を入れた。その戦略が功を奏し、徐々に点を稼いで後半ついに逆転。57対50の接戦を制した。

 日頃から基礎を重視した練習を行う同部。特にコート内に1対1で立ち、ゴールを奪い合う練習を取り入れることで、ディフェンスやシュートなど、一人ひとりが総合的な力をつけてきた。

 逸見育磨コーチは「選手たちが持つ実力をしっかり発揮できた試合だったと思う」と話し、キャプテンの三宅亜弥さん(2年)は「自分たちができることを最大限にやりきった。この結果を糧に、今後の大会でも頑張りたい」と振り返った。

ブルデビは児童の「自主性」尊重

 川上北ブルーデビルスの男子は、1月26日に行われた「第39回神奈川県ミニバスケットボール決勝大会チャレンジカップ」の決勝戦で2年連続の優勝を果たした。

 同チームは区内にある川上北、名瀬、東品濃、川上の各小学校の児童50人が所属。これまでも全国大会で優勝するなど、県内屈指の強豪で知られている。今大会へは、昨年10月に開催された県の秋季大会で優勝し、シード権を獲得したことから出場に至った。

 決勝の相手は森の台ビクトリー(緑区)。以前に対戦経験があることから、各自が事前に相手のプレーを研究、分析して試合に臨んだ。その結果、相手を翻弄させるドリブルや力強いシュートで圧倒し、41対31で勝利を収めた。

 三橋雅彦監督は児童の「自主性」を尊重した指導を行っている。作戦づくりをはじめ、試合後に課題を抽出する際も監督から指示を出すのではなく、選手自らが考え、解決してきたという。「こうすることで状況に応じた判断力や対応力が身に付き、よりレベルの高い良質なプレーができる。今回の勝因もこうした部分にあると考えている」と三橋監督は話す。

 今回の大会に対してキャプテンの山本陽士(さんじ)くん(名瀬小・6年)は「思うようにシュートが決まらなかった場面もあったが、仲間が必死でサポートしてくれた。チームの団結があってこその優勝だったと思う」と振り返っている。

5/9家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

GW中、通常診療いたします

4/30㈫~5/2㈭も診療。骨密度を測る「骨ドック(500円)」も実施中。

https://www.higashi-totsuka.com/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

「地域食堂」で多世代交流促す

大正地区センター

「地域食堂」で多世代交流促す

4月25日号

「心臓リハビリ」普及に着手

戸塚の魅力スポット発見

区内災害時トイレ状況は?

戸塚区長に吉泉氏が就任

鈴木・松田両氏がトップ当選

戸塚区市議選・県議選

鈴木・松田両氏がトップ当選

4月11日号

地元横浜で80年。

墓石の販売・お墓のリフォームなら石半

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

報道写真で平成回顧

イベント

報道写真で平成回顧

5日まで 西武東戸塚店

4月25日~5月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク