戸塚区版 掲載号:2019年2月21日号 エリアトップへ

横浜市 再エネ電力購入へ 東北の12市町村と協定

経済

掲載号:2019年2月21日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市はこのほど、東北地方の12市町村と太陽光や風力、バイオマスといった再生可能エネルギー普及に関する連携協定を締結した。脱炭素社会実現をめざした取り組みの一環で各地域で作られた電力を市内へ供給する仕組みの構築を進める。

  ◇  ◇  ◇

 昨年改定した「横浜市地球温暖化対策実行計画」の中では、今世紀後半のできるだけ早い時期に市内で使う電力を作る際に生じる温室効果ガスの実質排出量をゼロにする方針が示されている。市温暖化対策統括本部によると市内の年間消費電力は約160億kWhで化石燃料が主体。再エネへの転換・活用に向けた取り組みは計画の実現へ向けた核のひとつとなる。

 しかし市内では大規模な再エネを開発することができる用地確保は難しく、目を向けたのが2011年の東京電力福島第一原発事故以降、再エネ発電が盛んになりつつある東北地方だった。

 協定を締結した青森、岩手、福島県内の12市町村の将来的な再エネ発電量は、横浜市の年間消費量の4・5倍以上となる約750億kWh。各地域が「地産地消」した再エネ電力の余剰分を横浜市内の市民、事業者、公共施設などへ供給し、送電量に応じて売電益を得るスキーム構築をめざす。

 協定締結先のひとつ青森県横浜町は風力発電開発先進地として知られる。再エネ電力を新電力に売電するなど、すでに事業として確立しており早ければ年内中に横浜町からの送電を開始したい考え。その後、段階的に供給を拡大する計画だ。

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園、販売区画残りわずか!

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

横浜市戸塚区の陽性者前週から34人増

【Web限定記事】新型コロナウイルス

横浜市戸塚区の陽性者前週から34人増 社会

累計1,290人

4月22日号

かながわブランドに登録

横濱アイス工房 上倉田町

かながわブランドに登録 経済

4月22日号

新たに6人が入団

戸塚消防団

新たに6人が入団 社会

辞令交付式と初の訓練

4月22日号

風にそよぐ鯉のぼり

舞岡公園小谷戸の里

風にそよぐ鯉のぼり 社会

5月10日まで

4月22日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環

4月22日号

戸塚区の人口市内3位の増加数

戸塚区の人口市内3位の増加数 社会

市、国勢調査の結果発表

4月22日号

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園、販売区画残りわずか!

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

風にそよぐ鯉のぼり

舞岡公園小谷戸の里

風にそよぐ鯉のぼり

5月10日まで

4月1日~5月10日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • とつか歴史探訪

    とつか歴史探訪

    ■〜旧東海道・戸塚宿を訪ねる〜第61話 〜時宗のお寺(冨塚山)親縁寺(しんねんじ)〜 

    4月15日号

  • 「仲間とは、一生涯の宝」

    団員募集中 魅力たくさん!戸塚消防団

    「仲間とは、一生涯の宝」

    Vol.1 鈴木進団長

    4月15日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter