戸塚区版 掲載号:2019年3月21日号 エリアトップへ

戸塚警察署長に就任した 佐宗 茂さん 矢部町在住 56歳

掲載号:2019年3月21日号

  • LINE
  • hatena

「生涯、人に寄り添う警察官」

 ○…「区民の安心・安全を全力で守る」。きっぱりとした口調から、約28万人の区民を犯罪や事故から守り抜く強い意志が感じられる。戸塚署は30年ぶり、2度目の勤務。改めてまちを見渡し「大踏切がなくなり、商業施設ができるなど様変わりした。親しみがあるこのまちで事件は起こさせない」と気を引き締める。

 ○…高卒後、警察官の道へ。交番勤務を経てからは刑事課で強盗や傷害、暴力団対策などシビアな現場で経験を積んできた。なかでも脳裏に焼き付いているのが、東日本大震災の際に携わった検視の任務。次々と運ばれる遺体の身元確認、遺族に対しての説明などを行った。「本来、検視は冷静に取組むべきものだが、このときは感情が溢れ出しそうだった」。過酷な状況下で自分にできることを模索し続けた。「いつだってつらいのは被災者や被害者。相手の声に耳を傾け、気持ちを汲み取らないと」。警察官としてあるべき姿を再認識し、「生涯人に寄り添う職員であろう」と心に誓った。

 ○…小田原市出身。自然豊かなまちで育ち、高校時代は生物部に所属。魚釣りに明け暮れる日々のなか、ターニングポイントが訪れる。「釣ったウツボに指を噛まれ、出血する事故に。このとき駆け付けてくれたのが駐在の警察官だった」。ほっとしたのと同時にそれまで無縁だった警察官が格好良く見えた。「人の役に立つ仕事っていいなぁ」。憧れを胸に、同じ道に進もうと決意した。

 ○…特に高齢者を狙った犯罪には警鐘を鳴らす。「振り込め詐欺は日々手口が変わるもの。近所で密に情報共有を」とし、すでに自治会内での防犯講話も企画。就任したての忙しい中でも、つねに住民を思いやる気持ちは忘れない。「これから職員と団結し、戸塚をより良いまちにしていきます」

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

中野 サト子さん

介護予防活動を行う「東戸塚いきいきくらぶ」を立ち上げた

中野 サト子さん

品濃町在住 78歳

8月22日号

相澤 靖さん

40周年を迎えた柏尾サッカークラブの代表コーチを務める

相澤 靖さん

舞岡町在住 46歳

8月15日号

出川 哲朗さん

横浜市出身のお笑いタレント

出川 哲朗さん

 55歳

8月8日号

鈴木 修平さん

全国消防救助技術大会に出場する、吉田消防出張所の特別救助隊監督の

鈴木 修平さん

吉田町勤務 33歳

8月1日号

内田 正男さん

戸塚区を拠点に活動する小学生のフラッグフットボールチーム「リトルセインツ」の監督を務める

内田 正男さん

藤沢市在住 69歳

7月25日号

悦田 浩邦さん

戸塚区医師会の会長に就任した

悦田 浩邦さん

品濃町在住 59歳

7月18日号

我妻(あがつま) 貴志さん

戸塚区薬剤師会の会長に就任した

我妻(あがつま) 貴志さん

柏尾町在住 52歳

7月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第224回

    男のおしゃれ学

    「敵とするか味方にするか」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    8月15日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク