戸塚区版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

大正地区センター 「地域食堂」で多世代交流促す 町内会など協力し、初開催

社会

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena
来場を呼び掛けるスタッフ
来場を呼び掛けるスタッフ

 大正地区センターが5月6日(月)、栄養バランスに配慮した食事が安価でとれる「地域食堂」を初開催する。今回を試験的なものと位置づけ、課題点を改善しつつ、多世代の誰もが訪れやすい場所づくりをめざす。

 地域食堂(または子ども食堂)は子どもの貧困対策や孤食対策、多世代交流など様々な意義があることから、全国的に活動が盛んになっている。

 大正地区センターでは今回「たいしょう食堂」という名称で実施。初開催となる5月6日は、カレーなどを中学生まで無料、大人300円で提供する。また多世代の来場者同士が遊びながら交流できるよう、囲碁や将棋、ゲームなども用意する。

 話が上がったのは昨年夏頃。共催する原宿地域ケアプラザには、経済的な悩みを持つ家庭や母子家庭、一人暮らしの高齢者などから複数の相談が寄せられており、同センターと「地域食堂」の必要性が話し合われていた。その後、地域の町内会など各団体にも協力を仰ぎ、協議を重ねてきた。

「貧困」イメージを払拭

 注意を払ったのが、「貧困に苦しむ子どもが行くところ」というイメージにつなげないことだ。

 参考にした取組みのひとつが、上矢部地区センターが3年前から行う「月イチカレー」。子どもを対象に毎月カレーを振舞っており、30〜40人ほどが訪れる。同センターの職員は「友達が友達を呼び、輪が広がっている。あまり『子どもの貧困対策』と打ち出してしまうと来づらくなるので、誰もが気軽に来られるイメージが定着して良かった」と話す。

 「たいしょう食堂」は将来的に、住民主体の取組みにしていくという。大正地区センターの大内雅弘館長は「多くのボランティアのご協力で開催できる。今回浮かび上がった課題など検証しつつ継続したい」と話す。時間は午前11時30分から午後2時。定員45人で先着順。申込みは4月30日までに同センター【電話】045・852・4111。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

お手柄警察犬2頭を表彰

戸塚署

お手柄警察犬2頭を表彰 社会

行方不明の女子生徒を発見

10月17日号

“第二の人生”を謳歌

区内まち歩きの会

“第二の人生”を謳歌 文化

創立20年超え、活動に勢い

10月17日号

中途障害者の自立に尽力

上倉田町とつかわかば

中途障害者の自立に尽力 社会

脳疾患等の後遺症者 支援

10月10日号

猛禽類でハト等追払い

戸塚駅鳥フン害

猛禽類でハト等追払い 社会

土木事務所が新対策

10月10日号

女子硬式野球部 設立へ

汲沢の人材コンサル会社

女子硬式野球部 設立へ スポーツ

県初の企業チーム誕生に前進

10月3日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

10月3日号

カステラ製造し、半世紀

上矢部町横浜文明堂工場

カステラ製造し、半世紀 文化

南蛮渡来の味を提供

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

声出し体操講座

声出し体操講座

25日 交流広場とつか

10月25日~10月25日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク