戸塚区版 掲載号:2019年6月6日号 エリアトップへ

創業100年を迎えた生駒植木(株)の代表取締役を務める 生駒 順さん 小雀町在住 51歳

掲載号:2019年6月6日号

  • LINE
  • hatena

伝統を踏まえつつ”新風”を

 ○…「木はじれったいほどの長い年月をかけて育てるもの。大変だが、そこにやりがいがある」。1世紀にわたり植木生産・造園業を営む生駒植木(株)の代表として家業の雄大さを語る。個人宅の作庭をはじめ、鎌倉女子大の植栽や靖国神社へ桜の献木も行い「現場が原点」をモットーに今も自ら足を運び、日々汗を流す。

 ○…幼い頃から“4代目”として育てられた。その立場に悩み、ときには「未来が選べる友人がうらやましくてたまらなかった」ことも。しかし、運命を受け入たのもやはり代々受け継がれてきた伝統の重みだった。「守り抜くのは自分しかいない」。大卒後は都内の造園会社で修行。厳しい指導に打ちひしがれながらも、経験を積み業務のイロハを学んだ。気付けば4年の歳月が過ぎ、叩き上げの技術を手に生家へ。歴史ある会社ならではの重圧を感じつつも“職人”の地位を構築。2012年の代表就任後は、これまで本格的に取り組んで来なかった外構・植栽工事などに着手。経営者として業務の幅を広げ、規模を拡大してきた。

 ○…ホームグラウンドの小雀町は「古い付き合いが多い地。みんな親戚同然」と笑顔。台風などの際、仕事現場の倒木などをいち早く知らせてくれるのも近隣住民といい「本当に頭が上がらない」。そんな地元への恩返しに行うのが小雀小の児童に向けた「緑育教室」。「植木を通じて子どもたちが“育てる”楽しさや尊さを学べるのは嬉しい限り」

 ○…業界で「人手不足」が叫ばれる中、その状況を打破すべく試行錯誤を重ねる。個々の得意分野を発揮できるチームを作り、年を重ねても働ける基盤作りに注力。その仕組みが功を奏したのか、社員の半分は若手だ。「会社は代謝の良さが大事。新たな風を入れ次の時代に向けて進んでいきたい」

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

6/29(土)変形性ひざ関節症について-人口関節置換術-参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

日達(ひたち) 俊雄さん

20周年を迎えた「戸塚区民吹奏楽団」の団長を務める

日達(ひたち) 俊雄さん

戸塚町在住 37歳

6月20日号

中元寺(ちゅうがんじ) 美雪さん

5周年を迎えた「健康ごはん塾」を主宰する

中元寺(ちゅうがんじ) 美雪さん

汲沢在住 47歳

6月13日号

平野 恵里子さん

女子ラグビーチーム「YOKOHAMA TKM」のキャプテンに就任した

平野 恵里子さん

吉田町在住 27歳

5月30日号

飯島 健太さん

明治学院大学戸塚まつり準備会代表の

飯島 健太さん

戸塚町在住 20歳

5月23日号

夏井 祐矢さん

映画や映像を通じて戸塚の振興促進を目指す「シネマトトツカ」の代表を務める

夏井 祐矢さん

港北区在住 31歳

5月16日号

鈴木 好幸さん

皇室や多くの文化人らに愛される洋食器メーカー(株)大倉陶園の代表取締役を務める

鈴木 好幸さん

南区在住 60歳

5月1日号

立憲民主党神奈川5区シンポ

金子勝慶應義塾大学名誉教授講演 6月9日(日)18時~ 戸塚公会堂

http://www.yamazakimakoto.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歩いて学ぶ「戸塚の歴史」

歩いて学ぶ「戸塚の歴史」

7月13日 上倉田町周辺

7月13日~7月13日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第222回

    男のおしゃれ学

    「口は災いの元」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    6月13日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月20日号

お問い合わせ

外部リンク