戸塚区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

40周年を迎えた柏尾サッカークラブの代表コーチを務める 相澤 靖さん 舞岡町在住 46歳

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena

子ども達の成長が「ご褒美」

 ○…4歳から小学校6年生までの約50人が所属する柏尾サッカークラブ。自身も7期の卒業生として高校生からコーチを始め、同クラブに長年携わってきた。「まさか40周年を迎えるまで続くとは思わなかった。欲を言えば100年続いて欲しいですね」と笑顔を見せる。

 ○…代表コーチに就任したのは約4年前。指導者として悩む時は「子どもを中心に考えられているか」という前任者の言葉を思い出し、今一度自分自身を見つめ直すという。「サッカーを教えるのはもちろん、サッカーを通してあいさつや自分の意見を言えるようになるなど人間として成長して欲しい」。続けてこられたのは、子ども達の成長を間近で見られるから。「少し能力が劣っている子が必死に頑張っているのを見てきた。中学に上がり、キャプテン、エースとして活躍する姿を見た時は泣いてしまいました。そういう場面に立ち会えることが何よりのご褒美です」。目尻が下がる。

 ○…舞岡町で生まれ育つ。5人家族の父として2人の息子、1人の娘を育てる。息子たちはサッカー選手の“中村俊輔”“小野伸二”から下の名前を名付けており、「妻も大賛成でした」と夫婦ともどもの愛好家。プライベートの時間を削ってでも熱を入れるサッカーが仕事に生きているという。「管理職になってチームワークの重要性を痛感した。仲間の大切さも子ども達に伝えたい」

 ○…「このチームの魅力は、子ども、コーチ、保護者が一体となって頑張るところ。温かみはほかのチームには負けません」。成績を残すことより、クラブが長く続く環境作りに注力する。「卒業生が将来、指導者として戻りたくなるようなチームを作っていきたい。ゆくゆくはJリーガーも輩出できたらいいですね」と夢を語った。

戸塚区版の人物風土記最新6

落合 嘉弘さん

とつか区民活動センターで不登校生の学習指導、外国籍の子への日本語支援を行う「おっちー塾」の顧問を務める

落合 嘉弘さん

茅ヶ崎市在住 72歳

4月2日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

神奈川区在住 36歳

3月26日号

北原 卓也さん

新型コロナの影響で小学校への納品ができなくなった野菜5トンの販売に協力した

北原 卓也さん

汲沢在勤 43歳

3月19日号

井筒 雄太さん

ご当地アイドル「YOKOHAMA男子」のメンバーとして戸塚駅で路上ライブなどを行う

井筒 雄太さん

市内在住 28歳

3月12日号

石井 正樹さん

10周年を迎えたトツカーナの管理組合理事長を務める

石井 正樹さん

戸塚町在住 55歳

3月5日号

首藤 浩子さん

小学生対象の英語教育ボランティア団体の代表としてパンケーキレースを主催する

首藤 浩子さん

品濃町在住 59歳

2月27日号

残暑お見舞い申し上げます

お墓参りは近くが一番

平戸町にある宗旨・宗派不問の子母美の杜霊園、販売区画のこりわずか!

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

医療法人 敬生会

十慈堂病院(戸塚区南舞岡)を始め、介護老人保健施設、デイケア、訪問看護に従事

http://www.keiseikai-med.jp/

リトルセインツ

戸塚でフラッグフットボール!大人も子どもも楽しく活動中。小学生の仲間募集!

https://mglittlesaints.wixsite.com/info

小雀町内会

ホームページには町の多様な情報が満載!

http://kosuzume.org/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第231回

    男のおしゃれ学

    「後悔するなら次に生かせ」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    4月2日号

  • 推進前提に意見公募

    〈連載【11】〉市が方向性素案公表 IRと横浜

    推進前提に意見公募

    4月2日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク