戸塚区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

今夏もハチに注意を 7、8月 区への相談増

社会

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
大きくなったスズメバチの巣
大きくなったスズメバチの巣

 例年夏本番を迎えたこの時期になると増えるのが、「庭先などにハチの巣ができて困っている」という相談だ。駆除方法や業者の紹介などの対応を行う、戸塚福祉保健センター生活衛生課に今夏の状況を聞いた。

 同課によると、アシナガバチとスズメバチが巣作りを始める5月頃から例年相談が増え始めるという。

 2018年度、同課に寄せられたハチに関する相談件数は535件。そのうち、アシナガバチとスズメバチで9割以上を占めている。アシナガバチは5月33件、6月22件だったが、7月68件、8月は93件に跳ね上がっている。スズメバチは5月20件、6月35件だったのに対し、こちらも7月60件、8月は55件を数え、共にこの両月に大幅に増えている。「今夏はこれから件数をカウントしていくので分からないが、いつもと同じ傾向ではないかとみている」と担当者は話している。

駆除用器具の貸出も

 同課ではアシナガバチの巣を発見した場合、比較的簡単に駆除できるので、自分で行うことも対策として紹介。次に有効とするのは、県ペストコントロール協会などの駆除専門業者に依頼すること。このほか、性質としてハチの巣はその年限りで11月頃までしか使われないので、生活に支障のないときは放置することもその1つとする。

 スズメバチは危険性が高いため、専門の駆除業者への依頼が必要だ。

 区は駆除作業を行わないが、業者の紹介と、アシナガバチに関しては、巣が軒下や茂った木の中など、薬剤散布が難しい場合、数メートル先まで届く竿上の散布器具と、防護服の貸し出し行っている(いずれも無料)。

 また、刺されたときは、傷口を水洗いした後に冷やし、手で毒液を絞り出す(口で吸いだしてはいけない)。その後、患部に虫刺され薬を塗り(抗ヒスタミン等含有外用剤)、速やかな医療機関の受診を呼びかけている。

 担当者は「4月から6月頃に、巣が作られやすい、天井裏や壁の中(スズメバチのみ)、木の洞(うろ)の中などを点検し、小さいうちに対処することが重要」としている。また県ペストコントロール協会理事の佐藤つかささんは「スズメバチの巣を見つけたら静かに立ち去り、すぐに専門業者か保健所へ連絡を。絶対に巣の除去は自分でやってはいけない。特に台風の時期は巣への刺激があり攻撃性が増すので注意を」と語る。

 ハチに関する相談は同課環境衛生係【電話】045・866・8476。

戸塚区版のトップニュース最新6

コロナ対策で一役

区内酪農業者

コロナ対策で一役 社会

タクシー会社に除菌水

5月28日号

緑守る活動に大臣表彰

上矢部町市民団体

緑守る活動に大臣表彰 社会

20年以上の取り組み評価

5月28日号

除菌水生成器を導入

区内商店会

除菌水生成器を導入 社会

補助金活用し、衛生対策

5月21日号

軽症者用施設を開所

新型コロナウイルス

軽症者用施設を開所 社会

市、旧市民病院を活用

5月21日号

独自の抗ウイルス剤提供

戸塚町ベンチャー企業

独自の抗ウイルス剤提供 経済

特許「ナノポリマー」活用

5月14日号

戸塚図書館が文科大臣賞

戸塚図書館が文科大臣賞 文化

子どもの読書推進に尽力

5月14日号

総合内科を開設

困ったらまず最初に受診すべき診療科として、 「総合内科」を開設しました。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第232回

    男のおしゃれ学

    「いい女といい男」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    5月21日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク