戸塚区版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

区総合庁舎3階地産地消直売コーナーの出店者会代表を務める 大木 敏幸さん 戸塚町在住 74歳

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena

消費者の笑顔がやりがい

 ○…区内の農家を中心に地元の野菜を販売する地産地消直売コーナーを取りまとめる。立地もいいことから購入した人も多いだろう。生産者の立場で野菜の特徴や、食べ方を伝えることも人気の秘密だ。「消費者との会話があることが良い点。『こないだ買ったトマトがおいしかった』などと感想をもらえる瞬間が嬉しいですね」。同コーナーは2013年の新庁舎開設時から始まり、現在7年目。「もっと多くの人に採れたてのおいしさを知らせたい」と話す。

 ○…約40年サラリーマンとして勤め、定年を前に家業である農家を引き継いだのが55歳の頃。今では約70種類の野菜を育てるベテランだ。多忙な時間を縫って、農業を始めたばかりの人たちへの指導も行っている。頼られると断れないといい「自分も育て方が分からない時期があったから、教えるのは当然だよ」と照れ笑いを浮かべる。一人前になり巣立っていく人も多く「作り方を習得し、お客さんと話せるようになり喜んでいる姿を見ると嬉しい。彼らを見ると自分も挑戦を続けなくてはと感じる」

 ○…6人兄妹の5男として、舞岡町で生まれ育つ。サラリーマン時代は社員教育などに力を入れていた。「自分が教えた人が、会社の戦力として活躍するのは誇らしい事」。勤めていた工業系の会社での経験は、作物を守るためのネットの作成に生き、これで特許を取得している。「人生無駄なんてひとつもない」

 ○…息子と娘も現在農業をしており、「腕はまだまだ、だけど嬉しい」と笑顔。苦労も多い仕事だが、「“食農教育”のボランティアで、子どもが興味を持ったり、美味しそうに食べてくれる瞬間もやりがいの一つ。もっと多くの笑顔を見られるよう頑張りたい」と前を向いた。

自分と家族の命を守ろう!

台風シーズン到来! 戸塚区役所が作成する3種類のハザードマップ確認

https://www.city.yokohama.lg.jp/totsuka/kurashi/bosai_bohan/saigai/hazardmap.html

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

新出(しんで) 直美さん

戸塚区老人クラブ連合会の会長を務める

新出(しんで) 直美さん

俣野町在住 83歳

9月10日号

桂 伸しんさん(本名:相澤 伸さん)

9月26日(土)、さくらプラザホールで開催する「戸塚寄席」に出演する

桂 伸しんさん(本名:相澤 伸さん)

柏尾町出身 41歳

9月3日号

中 和子さん

戸塚区内を中心に外国人などに向けて学習支援をする「ユッカの会」の代表を務める

中 和子さん コミュニティ

栄区在住 77歳

8月27日号

早瀨 憲太郎さん

8月に続き9月にも市内で上映される映画『咲む』の監督・脚本を務める

早瀨 憲太郎さん

西区在住 47歳

8月20日号

栗原 武啓さん

フラメンコギター・津軽三味線の奏者として活躍する

栗原 武啓さん

上矢部町在住 47歳

8月13日号

剱持(けんもち) 京助さん

2020年度の会長として神奈川県弁護士会の舵を取る

剱持(けんもち) 京助さん

横浜市出身 58歳

8月6日号

源頼朝を祭神に1302年に設立

3年に一度の例大祭では源頼朝の遺髪が一般公開される。

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月17日号

お問い合わせ

外部リンク