戸塚区版 掲載号:2019年9月26日号 エリアトップへ

(PR)

乳幼児教育の振興に力点 幼保連携型認定こども園ひまわり幼稚園が70周年

掲載号:2019年9月26日号

  • LINE
  • hatena
「70」の人文字をつくる園児
「70」の人文字をつくる園児

 一人ひとりを大切にし、明るく楽しい家庭的な幼稚園であり続けたい――。

 (学法)ひまわり学園幼保連携型認定こども園『ひまわり幼稚園』(金子禎園長)が9月5日、開園70周年を迎えた。次の10年、20年、そして100周年に向けて力強い一歩を踏み始めている。

 同園は1949年(昭和24年)、金子園長の実父で、教育者だった馨氏が「太陽に向かっておおらかに咲くひまわりのように、子どもたちを明るく、たくましく育てる」を理念に設立。この70年間の卒園者は4872人(19年3月時点)に上り、3世代にわたって通園した家族もいる。

 金子園長は横浜国立大学卒業後、横浜市立小学校の教員を長年勤めた経験を持つ。戸塚小学校の校長職を最後に定年退職し、95年現職に就任。園運営を進めながら、横浜市幼稚園協会戸塚支部長、横浜市幼稚園協会会長などを歴任、教育者として培ってきた知識と経験を生かし、幼稚園を単なる「預かりの場」でなく、「教育の場」とする重要性を説いてきた。

”遊び”を重要視

 ひまわり幼稚園では、算数などの勉強は行わず、遊びを重視。その理由を金子園長は「乳幼児期は”遊び”が”勉強”。これを通じて協調性や礼儀作法、体力など、人として生きて行く上での基礎を身に着けられる。将来大樹となるための根っこ作りをする時期なのです」と確信を持って語る。

 それを形にするため、日々のカリキュラムが組まれる。重視しているのが、運動会や遊戯会(フェスタひまわり)、餅つき、作品展、マラソン大会など魅力に富んだ年間行事だ。子どもたちはこうしたイベントを通して、無限の可能性を開花させていくという。

18年、幼保連携園に

 2018年同園は、行政などからの要請を受け、1歳から5歳までの子どもたちに対応する「幼保連携型認定こども園」として新たな階段を上る。それに伴い学校法人を取得、さらに清潔で可愛らしい仕様の園舎、温かい手作りの給食を食べられる給食室の設置など、全面改築した。同園を象徴する裏山はそのまま温存。戸塚駅徒歩数分の立地にありながら自然と戯れる園児の姿を目にすることができる。

 金子園長は「幼保連携園となり、さらに大きな役割を担うことになりました。今後も乳幼児教育の振興に力を注ぎたい」と笑顔で語る。

ひまわり幼稚園

横浜市戸塚区戸塚町5118

TEL:045-864-0131

http://www.himawari-k.jp

戸塚区版のピックアップ(PR)最新6

テニス無料体験教室

「密」避ける運動で人気! 11月3日

テニス無料体験教室

ウエスト横浜テニスクラブ

10月21日号

変化する葬儀に対応

とつか葬斎館

変化する葬儀に対応

極少人数にも合う式場

10月21日号

こわばった体を柔らげる

出張鍼灸・指圧マッサージ

こわばった体を柔らげる

医師と連携し保険適用も

10月21日号

窓、照明カバーキレイに!

窓、照明カバーキレイに!

コピエ 大掃除キャンペーン中

10月21日号

「その風化を抑え、お直しします」

”大谷石”の石塀・外壁でお困りの方へ

「その風化を抑え、お直しします」

老舗石材店「石半(いしはん)」が再生を提案

10月14日号

安心、JAのお葬式

もしもの時 もしもの為に… 事前相談無料

安心、JAのお葬式

「組合員・地域の方々へ」

10月14日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新 社会

  • 9月2日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook