戸塚区版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

舞岡公園小谷戸の里 手作り「かかし」32体ずらり 人気投票10月20日まで

文化

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena
個性豊かな作品が並ぶ
個性豊かな作品が並ぶ

 舞岡公園小谷戸の里の「案山(かかし)子まつり」が今年も開催されている。これらは幼稚園児や小学生らのグループによって制作され、今年は32体が同公園内にある田んぼ沿いに並んでいる。10月20日(日)まで来園者による人気投票が行われており、11月23日(土)の収穫祭で結果が発表される。

◇  ◇  ◇

 「案山子まつり」は、小谷戸の里の指定管理者「認定NPО法人舞岡・やとひと未来」が26年前から実施している秋の恒例行事だ。米づくりにおける害獣除けに必要なかかしをつくってもらい、日本の農村文化に親しみを持ってもらうことが目的だという。

 参加者は主に市内の幼稚園や小学校に通う児童やその保護者など。各々が8月上旬から制作をはじめ、9月中旬には全作品が田んぼに立てられた。

今年は台風などによる被害も想定されたため、かかしの骨格となる部分を頑丈に縛るなど、あらかじめ入念に準備を進めてきたという。

「自然素材」にこだわる

 制作においては「環境配慮」を徹底。これは、田んぼ周辺の景観を奇麗に保つため、初開催時から守り続けてきたルールだ。具体的には、骨格や目に見えない箇所まで竹や藁といった自然素材を使用し、色や柄を付ける際は水に溶けやすい絵の具やペンキを避け、古着や布を利用するなど、工夫を凝らしている。

 また、あぜ道が狭いことから農作業の妨げにならないよう、大きさを高さは地面から2m、幅は1m、奥行きは50cmまでと定めた。こうして完成した作品は計32体。「令和おじさん」など時代を象徴するようなモチーフをはじめ、ハロウィーンなど季節を意識した創作キャラクターなどが飾られている。指導員として携わった同所担当者は「今年もたくさん揃ったので、地元の方に見に来て頂けたら」と話した。

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

10月19日㈯ 脳卒中の再発予防

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

子どもの善意 寄付

区少年野球連盟

子どもの善意 寄付 スポーツ

区社協からは感謝状

12月5日号

秋葉中生に核の怖さ伝承

広島で被爆した末岡さん

秋葉中生に核の怖さ伝承 教育

12月5日号

目標は勝利より「友人作り」

目標は勝利より「友人作り」 スポーツ

区内剣道大会が活況

12月5日号

「横浜の味」の魅力発見

地産地消研修会

「横浜の味」の魅力発見 経済

汲沢町の寿司店が調理

12月5日号

宝石のように輝くイルミ

東戸塚駅周辺で点灯

宝石のように輝くイルミ 文化

12月5日号

県内書家30人の作品一堂に

県内書家30人の作品一堂に 文化

12月11日〜横浜市民ギャラリー

12月5日号

PC(パソコン)アドバイス

PC(パソコン)アドバイス 文化

区民活動センター

12月5日号

11月に待望の2号店オープン!

「筋肉」を確実にとらえる施術で、個々の体の痛み・痺れ・違和感を改善へ――。

https://www.freerom.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク