戸塚区版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

詩画作家星野さんの詩碑 今も舞岡公園内に設置 24日から作品展も

文化

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena
舞岡公園内に設置される詩碑(上)。心温まる作品を書き続ける星野さん
舞岡公園内に設置される詩碑(上)。心温まる作品を書き続ける星野さん

 「ただひとつのために生き ただひとつのために枯れてゆく 草よ そんなふうに生きても おまえは 誰も 傷つけなかった」

 身体の自由が利かないなか、口にくわえた筆で詩と絵を書く、詩画作家の星野富弘さん。数多くの作品集が出版されているほか、群馬県みどり市には自身の美術館も開設されているなど、長年にわたり活動を継続している。

 その星野さんの詩碑が舞岡公園内にあること、ご存じだろうか。設置されているのは、園内にある小谷戸の里のほど近く。星野作品に感銘を受けた市民団体の舞岡公園を育む会が、市に要望を重ね、星野さんの了解を得た上で1996年に設置したものだ。

全国に多数のファン

 星野さんは1970年体育教諭になった後、クラブ活動の指導中に頸髄の損傷を起こし、手足の自由を失ってしまう。生きる希望を見失ったなか、口にくわえた筆で詩と絵を書き始める。深い悲しみを胸中に抱きながらも、

「生」を肯定する懐の深さを感じさせる温かい詩、道端に何気なく咲く花の美しさを的確に描写した絵に癒されるファンが全国各地に多くいることでも知られている。

原画など65点が並ぶ

 その星野さんの「花の詩画展」が10月24日(木)から11月3日(日)までさくらプラザで行われる。午前10時〜午後6時。入場料500円(当日)、障害者手帳所持者と同伴者1人は無料。期間中は原画を含む65作品が展示される。

 問合せは事務局【携帯電話】080・1220・1465。

口に関わるリハビリはST外来へ

「食べる」「話す」等でお悩みの方に、ST(言語聴覚士)がリハビリを支援します

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

新市庁舎が本格始動

新市庁舎が本格始動 社会

JR桜木町駅に新改札

7月2日号

駐停車禁止の方向性

戸塚駅西口

駐停車禁止の方向性 社会

区、社会実験の中間報告

7月2日号

短冊に「コロナ収束」託す

短冊に「コロナ収束」託す 文化

西武東戸塚で七夕かざり

7月2日号

医療体制拡充に56億円

横浜市

医療体制拡充に56億円 社会

コロナ第2、3波に備え

7月2日号

傾聴の基本、手法を紹介

傾聴の基本、手法を紹介 社会

原宿ケアプラが養成講座

7月2日号

Zoomで「笑いヨガ」

Zoomで「笑いヨガ」 文化

7月3日 戸塚の会が主催

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク