戸塚区版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

汲沢の人材コンサル会社 女子硬式野球部 設立へ 県初の企業チーム誕生に前進

スポーツ

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena
今夏の選考会の様子。左奥が瀧代表
今夏の選考会の様子。左奥が瀧代表

 株式会社GOOD・JOB(汲沢)が県初の女子硬式野球部設立に向け奔走中だ。人材コンサルティング業を展開する同社はこれまで男子社会人野球チームを運営しつつ、選手が様々な職場で社会人として活躍する仕組みづくりを進めていた。今夏行った選考会では5人の女子選手が内定している。

 「スポーツとビジネスの両立」を理念とする同社。現在運営する男子硬式野球部は昨年の発足以降、社会人野球の地方大会で複数の優勝を果たすなど順調に成果を上げている。他方で選手らは、同社が請け負う様々な業務に従事。社会人としても活躍をしている。

社会人経験積める環境

 瀧優介代表取締役は10年にわたる社会人野球の経験があり、その中で「引退後の社会人生活につまずく仲間を多く見てきた」という。そこで本気で野球に打ち込みつつ、ビジネスマナーを学び社会人経験をしっかりと積めるような仕組みづくりを進めてきた。そんななか「女性もスポーツとビジネスが両立できる環境を作ろう」と今年4月から女子硬式野球部創部にむけた動きをスタート。8月の選考会には、卒業後の進路として入社をめざす大学生や高校生7人が参加し、選考を経て5人が内定した。

 関東女子硬式野球連盟によると、企業所属の女子硬式野球チームとして県内初だという。創部後は同連盟が主催する「ヴィーナスリーグ」を舞台に戦っていく予定だ。

 女子選手らは入社後、午前は練習、午後は社会人として家電の販売業務やコールセンターなどに従事していく。内定した選手からは「好きな野球だけでなくセカンドキャリアも見据え、仕事もしっかり打ち込めるところに共感した」との言葉があがっている。

情熱と夢を後押し

 2010年には女子プロ野球リーグが設立したほか、全国的に高校の女子野球部ができるなど女子野球は盛り上がりを見せている。一方で瀧代表によると、男子選手によるプロ野球のように、興行としての成功にはまだ道なかばの状況という。「だからこそ、そのような状況下においても野球の道を目指す女子選手の情熱は強い。彼女らの夢を後押しするのが私の使命です」と瀧代表。また関東女子硬式野球連盟の担当者は「女子野球は注目されづらいなか、このような動きはありがたい」とコメントしている。

戸塚区版のトップニュース最新6

環境変化に対応し10年

戸塚区子育て支援拠点

環境変化に対応し10年 社会

母親のつながり生かす

1月16日号

定住意向が8割に

戸塚区民意識調査

定住意向が8割に 社会

「生活・交通の利便性」評価

1月16日号

「戸塚のまちづくり一緒に」

吉泉区長

「戸塚のまちづくり一緒に」 社会

本紙に新年の抱負 語る

1月9日号

2788人が門出

戸塚区の新成人

2788人が門出 社会

13日、横アリで式典

1月9日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 政治

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

全国大会の舞台へ

戸塚町ダンス教室選抜チーム

全国大会の舞台へ 文化

区内中学生が全力演技

12月19日号

端末でタクシー配車開始

DeNA

端末でタクシー配車開始 経済

市内3病院で実証実験

12月19日号

痛みの取れない足のトラブル相談

変形性ひざ関節症をサラシ一本で改善へ

http://kasaharasekkotsuin.com

宅建市民セミナー杉良太郎講演会

11月14日関内ホール 参加費無料 事前申込制1000人

https://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/index.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク