戸塚区版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

戸塚図書館 「子どもSOSの本」 展示 児童虐待防止の啓発活動

社会

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena
展示コーナーを紹介する山崎司書
展示コーナーを紹介する山崎司書

 戸塚図書館は11月の「児童虐待防止推進月間」に合わせ、幼児から中学生を主な対象に、虐待から心身の守り方を伝える本の展示コーナーを館内に設置中だ。紙芝居や絵本、ノンフィクションなど多様な書籍をそろえ、啓発活動に力を入れている。

 子どもが読んで理解できる、児童虐待や性暴力、いじめ、防犯などの児童書を戸塚図書館は今回、「子どもSOSの本」と名付け、85冊を展示している。

 今企画のそもそものスタートは今年1月、千葉県野田市で小学校4年生の女児が父親からの虐待により死亡した事件がきっかけ。この件を重く見た同図書館では、啓発事業を行うこととし、まず、司書3人からなる「児童書選定担当」が、児童虐待関連図書が館内に30冊あることを確認。4月から10月までに新たに27冊購入を進め、11月の「防止推進月間」にまとめて展示を開始した。選定基準は「子どもの視点で虐待が分かること」にしたという。山崎祐司司書は「本を読んだ子どもたち自身が『自分がいま、虐待やいじめを受けていないか』と認知できる知識や気づきを提供したかった」とその理由を語る。

 展示本の一例としては「あなたはちっともわるくない」(安藤由紀著)。幼児が読みやすいように工夫されたこの絵本の登場人物は動物。大人から暴力を受けている「ちびくまくん」の体にアザがあることに気づいた医者の「やぎ先生」が、声をあげて助けを求める重要性を伝える内容だ。

 長谷川祐子館長は「大人や学校の先生たちにも見てもらい、地域一体となり子どもを守っていく意識を作っていければ」と語る。展示は12月25日(水)まで。

市全体2809件増加

 横浜市全体の2018年度の児童虐待の対応件数は前年度から2809件増の9605件となっている。経路別では区役所には医療機関、学校、家族・親戚、近隣・知人などからの相談が、児童相談所には警察などからの通告が増えている。市では「児童虐待への関心が高まっており、早い段階で市民からの通告が増えている」と現状を分析している。

12/6家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

ラップで「戸塚愛」表現

区出身アーティスト

ラップで「戸塚愛」表現 文化

”地元の先輩”を迎えた新曲

1月23日号

オリ・パラ  準備は万端

黒岩知事インタビュー

オリ・パラ 準備は万端 社会

1月23日号

ラポール上大岡オープン

ラポール上大岡オープン スポーツ

障害者スポーツの拠点

1月23日号

環境変化に対応し10年

戸塚区子育て支援拠点

環境変化に対応し10年 社会

母親のつながり生かす

1月16日号

定住意向が8割に

戸塚区民意識調査

定住意向が8割に 社会

「生活・交通の利便性」評価

1月16日号

「戸塚のまちづくり一緒に」

吉泉区長

「戸塚のまちづくり一緒に」 社会

本紙に新年の抱負 語る

1月9日号

2788人が門出

戸塚区の新成人

2788人が門出 社会

13日、横アリで式典

1月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク