戸塚区版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

県政報告 70 すべての「個性」を育む教育態勢へ 神奈川県議会議員 北井宏昭

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena

 発達障害のある児童・生徒への教育支援を県議会で質疑しました。

 昨年度から、本県の県立高校3校では、コミュニケーションに課題のある生徒が、少人数で安心して学習を進められるよう、「通級指導」を実施。また発達障害等の傾向がある児童・生徒へも、一部の小・中学校に「通級指導教室」を設置。こうした支援は、早期に対応させるに越したことはありません。

自閉症スペクトラムとは

 そこで、自閉症やアスペルガー症候群、広汎性発達障害などを含む「自閉症スペクトラム」について質問。今回は特に、障害の状態に至らない「非障害」の自閉症スペクトラムへの支援について聞きました。10人に1人が潜在的に抱えているともいわれ、臨機応変な対人関係が苦手で、自分の関心・やり方・ペースを最優先させるのが特徴。その個性を、長所として伸ばせるのか、弱点になってしまうのかは、思春期前の児童への支援が重要です。県教委は、子供達が充実感・達成感を得られる授業や学級活動の工夫に、教員が取り組むことが第一と答弁。私からは、あらゆる子供たちの個性を理解させるため、すべての教員に対し、自閉症スペクトラムに関する専門的な知識や支援方法の研修を充実させるべきと提言。県も同様の意向を示しました。

 社会の変化と同時に、学校の役割も変わらざるを得ないと考えます。合理化が進んで窮屈になってしまった社会の中でも、すべての子供たちが活躍出来るように育む「機能」が学校には必要です。これからも「すべての子供達を守っていく」ための、態勢整備を訴えていきます。

北井宏昭

戸塚区戸塚町3870-1

TEL:045-871-5454
FAX:045-871-5459

http://www.kitai-hiroaki.jp

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

国会・県会と連携し、コロナ対策前進

皆様の声をカタチに! 市政報告

国会・県会と連携し、コロナ対策前進

横浜市会議員 中島みつのり

9月23日号

大切なのは持続可能な財政の確立

横浜市会報告

大切なのは持続可能な財政の確立

横浜市会議員 鈴木太郎

9月9日号

山中竹春新市長誕生、政府は臨時国会の早期開催を

山中竹春新市長誕生、政府は臨時国会の早期開催を

立憲民主党 衆議院議員 山崎誠

9月2日号

デジタル化で負担を軽減

元ワーキングママがゆく 43 市政レポート

デジタル化で負担を軽減

横浜市会議員 伏見ゆきえ

9月2日号

AI活用し、地域の課題改善へ

皆様の声をカタチに! 市政報告

AI活用し、地域の課題改善へ

横浜市会議員 中島みつのり

8月26日号

協力要請の効果を検証せよ

県政報告 99

協力要請の効果を検証せよ

神奈川県議会議員 北井宏昭

8月19日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月2日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook