戸塚区版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

名瀬地域「つむぎの会」 高齢者向け配食ボラ始動 20年分の思い引き継ぐ

社会

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena
盛り付けをするメンバー。16人中5人が男性で活発な雰囲気だ
盛り付けをするメンバー。16人中5人が男性で活発な雰囲気だ

 名瀬地域で20年にわたり高齢者向け配食ボランティアを行ってきた団体「はこべの会」が今年3月、メンバーの高齢化によって解散を決めた。その思いを引き継ごうと、地域住民らが立ち上がった。「つむぎの会」という名前で、来年1月から活動を本格化させる。

 「つむぎの会」メンバーは来年の本格的なスタートに向けて現在、名瀬地域ケアプラザを拠点として弁当づくりと配達の練習を重ねている。

 対象は、主に一人暮らしの高齢者。バランスのよい食事の提供をはじめ、見守り、地域交流といった様々な意味合いが込められている。

「住民が心待ちに」

 「つむぎの会」は現在16人。名瀬地域ケアプラザが今年1月から3月にかけて開催した「お弁当づくりでボランティアデビュー講座」に参加したメンバーが中心だ。

 この講座が生まれたきっかけは、名瀬地域で高齢者向け配食を20年間行ってきた「はこべの会」が高齢化を理由に解散を決めたこと。同会は約40人に配食を行ってきており、その輪が途切れ、培われたノウハウもなくなることを危惧した同プラザが企画。同会代表の末吉紀子さんは「『はこべ』の配食に同行すると、地域住民の方が心待ちにしていることがわかった。食事だけでなく安心を届けていることを実感した」と話す。

 その後「はこべの会」の代表を務めていた高橋志津江さんによるアドバイスのもと、現在まで練習を継続してきた。高橋さんは「引き継いでいただき本当にうれしく、感謝している」と話す。

色合いにもこだわり

 12月3日には地域に住む23人の高齢者に対して配食を行おうと予行練習を実施。前日の買い物から当日の調理や盛り付け、配食までの一連の流れを丁寧に確認した。この日のメニューは鶏の照り焼きをメインに、高野豆腐と根菜の煮物、青菜の煮びたしなど。煮物は前日から出汁をとるほか、盛り付け時の色合いにもこだわっている。来年1月からは月2回のペースで、1食500円で配食を開始する。

 末吉さんは「練習を重ねるごとに手際がよくなっている。雰囲気も良い」と笑顔。現在ボランティアを募集中で「メンバーが増えれば配食先も増やせられる。散歩を兼ねた配食という形でも良いのでぜひ参加を」と話す。問合せは同プラザ【電話】045・815・2011。

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園、販売区画残りわずか!

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

青少年育成し、半世紀へ

ボーイスカウト横浜第87団

青少年育成し、半世紀へ 教育

戸塚駅周辺で活動中

4月15日号

太鼓芸能集団で活躍中

上倉田町出身中谷憧さん

太鼓芸能集団で活躍中 文化

5月から全国ツアー参加

4月15日号

散歩マップを作成

名瀬地区子育て連絡会

散歩マップを作成 社会

公園・遊具情報など1枚に

4月8日号

災害協定を締結

戸塚区とジェイコム

災害協定を締結 社会

保有車両で救援物資運ぶ

4月8日号

区、二次元コード 掲出

戸塚駅周辺

区、二次元コード 掲出 社会

情報発信に工夫

4月1日号

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 社会

非常用に蓄電池配備

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

http://nakajima-mitsunori.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • とつか歴史探訪

    とつか歴史探訪

    ■〜旧東海道・戸塚宿を訪ねる〜第61話 〜時宗のお寺(冨塚山)親縁寺(しんねんじ)〜 

    4月15日号

  • 「仲間とは、一生涯の宝」

    団員募集中 魅力たくさん!戸塚消防団

    「仲間とは、一生涯の宝」

    Vol.1 鈴木進団長

    4月15日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク