戸塚区版 掲載号:2020年5月21日号 エリアトップへ

戸塚区社会福祉協議会の事務局長に就任した 安部 力(ちから)さん 東京都在住 55歳

掲載号:2020年5月21日号

  • LINE
  • hatena

「困りごと」真正面で受止め

 ○…保土ケ谷区社協の事務局長から現職に就き約2カ月。コロナ感染防止の観点から、住民が参加する会議などが数多く先送りとなり、思うような活動ができていないのが現状だ。しかし「自然豊かでありながら、都会的な面も持つ魅力的な街。特に古くから戸塚に住む方々の郷土愛に触れることが多い」。その特性を捉え始めている。

 ○…大学卒業後、機械メーカーの設計職を経て、特養の寮母、そして32歳の時に市社協に転職。異色の経歴だ。「専門は理系でした。父が町医者で高齢の患者さんと桜を見に行くことが恒例で。その手伝いをするうちに福祉に興味を持った」。青葉区のケアプラザでのデイサービス担当がキャリアのスタート。この間大きく変化したのが、介護保険制度の導入だったという。行政の決めたサービスに対し、事業者と利用者が「契約」する形となり、ともすれば型通りの関係に終始してしまう面も。「だからこそ相互に信頼関係を結べる働きかけが大切。それが社協の役割の1つ」と自らの経験から語る。

 ○…新宿区という都心のど真ん中で育ったものの、野球をしたり、お堀で釣りをしたりする活発な少年時代を過ごす。29歳で結婚。二男・一女の父親でもある。「洗濯、料理…家事もこなします」とニッコリ。週末、早く起きて東京湾に日の出を拝みにいくことが楽しみ。「清々しい気持ちになれる。エネルギーを補給できるんです」

 ○…第4期の地域福祉保健計画「ハートプラン」の策定が進行中だ。区、区社協が一体となり、高齢化や人口減少などエリアごとの課題改善策を練っている。「生活上の困りごとを正面から受け止め、理解した上で私たちのできることを丁寧に進めていく」。熱い思いが伝わってきた。

戸塚区版の人物風土記最新6

中村 公也(きみや)さん

初の著書「リンケージ外交戦術」で第23回日本自費出版文化賞特別賞を受賞した

中村 公也(きみや)さん

深谷町在住 64歳

10月22日号

内海 宏さん

オンライン初開催となる戸塚区地域づくり大学校で講師を務める

内海 宏さん

俣野町在住 73歳

10月15日号

松信 健太郎さん

品濃町に営業本部ビルを置く老舗書店(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

港北区在住 47歳

10月8日号

尾崎 広幸さん

開業40周年を迎えた東戸塚駅の駅長を務める

尾崎 広幸さん

平塚市在住 56歳

10月1日号

赤嶺 正治さん

大型海洋観測船「みらい」の初代船長として戸塚柏桜荘で講演する

赤嶺 正治さん

藤沢市在住 73歳

9月24日号

新出(しんで) 直美さん

戸塚区老人クラブ連合会の会長を務める

新出(しんで) 直美さん

俣野町在住 83歳

9月10日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

1DAY講座&無料体験。秋から新しいこと始めよう

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク