戸塚区版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

(PR)

横浜未来ヘルスケアシステム 感染症対策に注力 「法人全体で取り組み強化」

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena
消毒や検温、手袋着用など法人全体で徹底
消毒や検温、手袋着用など法人全体で徹底

 横浜柏堤会で知られ、共立病院などを運営する「(医)横浜未来ヘルスケアシステム」(横川秀男理事長)ではコロナ禍を受け、法人一丸となって徹底した感染症対策を行っている。その取り組みを聞いた。

 区内を中心に3つの病院と8つの医院、6つの介護施設のほか8つの関連事業を展開する区内最大規模の同医療法人。現在すべての医療機関で防護服やマスクの正しい装着、体温測定、健康状態の把握、アルコール手指消毒を実施している。また、共立第1・第2病院では正面入り口で非接触型の検温を実施。感染症の疑いのある患者には同病院が設置した専用外来へ迅速に案内している。

 そのほかすべての施設の利用者には入り口での体調確認、マスク着用を義務付けており、定期的な換気も徹底。人数制限も設けることでソーシャルディスタンスを図るなど様々な工夫を凝らしている。担当者は「医療法人としての知識を生かし万全の感染症対策を実施している」と話す。

電話受診も可能に

 共立第2病院では6月からオンライン・電話診療を開始。第1病院、あさひクリニック、第1病院附属さくらクリニック、おとキッズクリニックでは電話診療のみ対応。第1病院はまもなくオンラインも対応する。いずれも初診、症状等により対応できない場合があるため事前確認を。

◆以下の画像をクリックかタップするとPDFが開きます。

0625_totsuka.jpg

区民の健康を支える戸塚共立第1病院(上)と戸塚共立第2病院
区民の健康を支える戸塚共立第1病院(上)と戸塚共立第2病院
第1病院は検温ブースと発熱者用テントを設置
第1病院は検温ブースと発熱者用テントを設置

口に関わるリハビリはST外来へ

「食べる」「話す」等でお悩みの方に、ST(言語聴覚士)がリハビリを支援します

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のピックアップ(PR)最新6

「夢の城、一緒に作ります!」

注文住宅リフォーム

「夢の城、一緒に作ります!」

吉田町  (株)まるみハウス

7月2日号

初心者にも描ける水彩画

初心者にも描ける水彩画

鎌倉水彩画塾で無料講座

7月2日号

台風対策早めが肝心

地域密着の凪塗装

台風対策早めが肝心

7月2日号

不動産を現金化します

空家・古家や遊休地を高価買取

不動産を現金化します

ウスイホーム戸塚店(戸塚モディ地下1階)

7月2日号

小3年生、学力ジャンプを

啓進塾中学受験専門

小3年生、学力ジャンプを

夏期講習生を募集

7月2日号

こどもタウンニュースよこはま版

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク