戸塚区版 掲載号:2020年8月13日号 エリアトップへ

横浜市 ひとり親の食を支援 コロナ禍受け提供会

社会

掲載号:2020年8月13日号

  • LINE
  • hatena
1日に開かれた提供会
1日に開かれた提供会

 新型コロナウイルス感染症の影響で生活が困難なひとり親家庭を支援しようと、横浜市はフードバンク団体と連携して、食品を提供する取り組みを8月から始めた。来年3月まで市内各地で提供会を開いていく。

 同事業はコロナ禍に対応するため6月議会の補正予算に盛り込まれ、事業費は約1950万円。市内に暮らすひとり親世帯の人に、地区センターや地域ケアプラザで食品を提供する。申込制で、定員は1回60世帯を予定。8月は10カ所で行い9月以降は16カ所程度に増やし、月に約1000世帯を支援する想定だ。

 配る食品は、家庭で消費されない食べ物を募るフードバンク団体から提供された米や缶詰など約2〜3kgの予定。提供会に訪れることで、食品ロス削減に貢献できる仕組みになっている。「全てのひとり親世帯に届けられる数量ではないが、今まさに困っている人たちに活用してもらえれば」と市こども家庭課の職員。8月1日の第1回提供会を訪れた、港北区の50代女性は「食べ盛りの高校生が2人いるので助かる」と喜んでいた。

支援団体に切実な声

 2015年の国勢調査によれば、市内のひとり親世帯は約2万6400世帯で、母子家庭が約86%。17年の市調査では母子家庭の就業率は約86%と高く、パート・アルバイト、契約・派遣社員などの「非正規職員」が半数を占めた。

 「コロナの影響で収入が無くなり、とても困っているご家庭がある」と話すのは、就労や自立支援を行い、同事業を受託する(一財)横浜市母子寡婦福祉会(神奈川区)の常務理事の有村浩子さん。休校や緊急事態宣言に伴い、子どもが学校に通えなかったり、預かってもらえずに休職などを余儀なくされたケースがあるという。「明日食べる物が無い」という切実な声も寄せられた。

 同事業については「提供会が各区を回るため、近場で利用できる点が大きい」と説明。その一方で、福祉会のメールマガジン登録者は約3500人と、全てのひとり親世帯に知らせることが難しいという。市では福祉会のほか、ひとり親支援に関わる区の部署や支援団体と連携しながら、事業を周知していく考えだ。

啓進塾 新入塾生を募集

本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

現職2氏の一騎打ちか

衆院選5区

現職2氏の一騎打ちか 政治

今秋までに解散総選挙へ

2月25日号

集団接種、戸塚はスポセン

新型コロナワクチン

集団接種、戸塚はスポセン 社会

市、3月下旬から順次通知

2月25日号

横浜・戸塚区の17製造業を冊子で紹介

【Web限定記事】区が販路拡大・人材確保に協力

横浜・戸塚区の17製造業を冊子で紹介 経済

2月18日号

CO2削減に向け、範示す

【Web限定記事】戸塚区選出の議員団

CO2削減に向け、範示す 社会

北海道下川町のカーボン・オフセット・クレジット購入

2月18日号

こども食堂で青少年育成

区内企業グループ運営NPO法人

こども食堂で青少年育成 コミュニティ社会

戸塚小前にあす開店

2月11日号

一般会計 初の2兆円台に

横浜市21年度予算案

一般会計 初の2兆円台に 社会

コロナ対応で膨張

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ベビーマッサージ講座

【Web限定記事】赤ちゃんとの絆づくりに

ベビーマッサージ講座

3月12日舞岡柏尾地域ケアプラザ(横浜市戸塚区)

3月12日~3月12日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク