戸塚区版 掲載号:2020年10月22日号 エリアトップへ

県政報告 85 感染防御と社会経済活動の両立を 神奈川県議会議員 北井宏昭

掲載号:2020年10月22日号

  • LINE
  • hatena

 コロナ禍でも社会と経済を回すには、県民が「納得と安心」を実感出来ることが必要。感染症を正しく知り・正しく恐れることで、活動範囲は拡大すると考えます。

 本県の感染防止対策の取り組みは、国が提示した各業種・業態のガイドラインが基本。しかし、そのガイドラインは全体を網羅する抽象的なもの。そのため、店舗ごと・施設ごとの具体的な対策ついては、事業者自らが個々に判断した独自の対応になっています。

 よって、各事業者の意識や知識の違いで、対策方法に差が出ます。ゆえに、業種・業態を問わず、すべての事業者が「感染症・病原体・感染防御」の専門的な知識を持つことが重要です。

 同時に、消費者側の一般県民も同様の知識を持つことで、自己防衛はもとより、各事業者の対策もチェック出来ます。そのような相乗効果で、全体の底上げが図れます。

知事に本会議で提案

 先月の県議会・本会議で、全県民と事業者が「感染症・病原体・感染防御」に関する知識を、eラーニングなどで手軽に習得出来る環境を整えるべきと知事に提案。「感染防止の留意点を解説した解りやすい動画コンテンツの制作・提供や、飲食店の食品衛生責任者への情報提供」を行う旨の答弁を得ました。

感染対策は日常に

 すべての基本は「自己防衛」です。今後の「アフターコロナ」でも、新種・新型のウイルスや細菌類の出現や、抗生物質の効かない薬剤耐性菌の問題が危惧されています。感染防御を一過性のことではなく「生活様式の一部」として備えることで、社会経済の活性化を促します。

北井宏昭

戸塚区戸塚町3870‐1

http://www.kitai-hiroaki.jp

平成横浜病院

過度な受信控えは健康上のリスクを高める可能性があります。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

コロナ第4波から国民を守る、安全確実なワクチン接種の実現を

「脱炭素社会」目指す条例を

元ワーキングママがゆく 41 市政レポート

「脱炭素社会」目指す条例を

横浜市会議員 伏見ゆきえ

5月7日号

小中学校に夜間照明設置へ!

皆様の声をカタチに! 市政報告

小中学校に夜間照明設置へ!

横浜市会議員 中島みつのり

4月1日号

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

子ども達の、子ども達のために私たちができること

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

4月1日号

攻めに転じ、立ち向かえ

県政報告 93

攻めに転じ、立ち向かえ

神奈川県議会議員 北井宏昭

3月18日号

新年度予算を審議中です

県民のいのちと暮らしを守る 県政レポート

新年度予算を審議中です

県議会議員・松田よしあき

3月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter