戸塚区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

自宅の玄関で小さな写真展を開く 古川 要作さん 原宿在住 81歳

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena

千載一遇の瞬間を

 ○…横浜ランドマークタワーが出来た頃の夕景や、尾瀬など旅先での風景写真など、大小15点ほどを8月末から展示している。玄関に飾っていた写真をみた女性が「これは素晴らしい」と喜んでくれたことがきっかけ。コロナ禍で出かけられない近所の人に見てもらえたらと、趣味で撮りためたフィルム写真を掘り出し、自信作を並べた。「来たお客さんに楽しんでもらえたら」

 ○…一番のお気に入りは、稲村ケ崎海岸で撮影した晴天の富士山の写真。1月上旬、いい波が立つのを待つこと3時間、気が付くと靴のまま海に入っていた。そして人が誰もいなくなった瞬間、北斎の浮世絵のごとく波しぶき越しにそびえる富士山を捉えた。「自分のイメージした通りに撮れたら最高に面白いね。フィルムは連写ができないから千載一遇」

 ○…鶴見で生まれ、空襲から逃れるため母の実家がある原宿に移り住んだ。戦後間もない頃はタンパク質摂取のためカエルを捕まえて焼いて食べたことも。「臭みがなくて美味しいんですよ」と懐かしむ。原宿交差点で両親が開いた雑貨や文具の店を継ぎ、道路拡張で立ち退く2005年まで営んだ。かつては商店会や区商連の会長も務め、現在は時計電池交換の仕事を自宅で受ける。

 ○…2年前に股関節を骨折して以来、撮影活動は休止中。外出時は2本のストックをつきながら歩く生活だが「昔から山登りで使ってたから」と、足取りは重くない。これから撮ってみたい写真は「しいて言えば女性だね」と冗談めかしてにんまり。店を畳んだ後、記念にと作った写真集には、山登りや旅先での絶景写真と共に「マドンナシリーズ」として、菜の花と一緒に満面の笑みを浮かべる妻の姿も収められている。

平成横浜病院

身体の痛みにお悩みの方、整形外科外来へご相談ください!

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

渡邉 泰雄さん

横浜薬科大学元教授で一般社団法人パクチーアカデミー協会の理事長を務める

渡邉 泰雄さん

戸塚区在勤 73歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

服部 一弘さん

11月5日に東戸塚でボランティア講座を行う「横浜移動サービス協議会」の理事長

服部 一弘さん

上矢部町在住 58歳

11月4日号

菊田 清美さん

西武東戸塚S.C.の館長に今秋就任した

菊田 清美さん

横浜市内在住 55歳

10月28日号

瀬川 晶司さん

プロ棋士で自伝『泣き虫しょったんの奇跡』の著者として戸塚図書館主催で講演する

瀬川 晶司さん

南舞岡在住 51歳

10月21日号

田中 實さん

創立70年以上の歴史を持つ戸塚区美術協会の会長

田中 實さん

吉田町在住 84歳

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook