戸塚区版 掲載号:2021年1月21日号 エリアトップへ

東俣野凧の会 伝統文化存続に貢献 近隣小学校で長年指導

文化

掲載号:2021年1月21日号

  • LINE
  • hatena
石井会長と2m10×2m10の大凧。絵柄は石井家の家紋が描かれている
石井会長と2m10×2m10の大凧。絵柄は石井家の家紋が描かれている

 正月の風物詩「凧揚げ」。近年見る機会は減ってきているものの、戸塚区内には今なお、盛んな地域がある。中心的な役割を担っているのが東俣野凧の会(石井教朗会長)。コロナ禍で活動自粛は続いているが、次世代に伝統を残していく強い思いは健在だ。

 同会の立ち上げは30年ほど前にさかのぼる。1986年6月に創立した東俣野小学校の教諭に、石井会長が凧作りに精通していることを知っていた高校時代の同級生がおり、児童への作成指導を依頼。良い風が吹く小学校近くの境川沿いの休耕田で全校による大会が開校当初から開かれ、以後現在に至るまで毎年継続されている。支援をするうち、元々伝統的に凧作りに親しんできた住民により、自然発生的に会は結成されたという。

糸の張り方がポイント

 同会が参加する凧揚げ大会は例年、端午の節句に合わせて同じ境川沿いでゴールデンウィーク中に実施。藤沢市から2団体も参加し、大きなものでは4m×4mの大凧が揚がることもあることから、数百人の見物客が訪れる。会のメンバーは前年秋ごろから凧の骨となる竹の伐採、絵柄の作成、飛行の最大のポイントになる糸張りなど、多くを手作りで行う。「糸の張り方が勝負所。全国に研究に行くこともあるんだ。絵柄は家紋や金太郎など、東俣野では生まれた男子の健やかな成長を願って縁起担ぎで揚げていた」と石井会長。

コロナで活動は自粛

 コロナにより、会の活動が滞っている。昨年恒例の凧揚げ大会を中止したほか、小学校への指導を担当する同会内の「東俣野小凧の会」も自粛。ただ児童たちは会作成のマニュアル書をもとに凧作りを進め、あす1月22日午前10時から11時半まで大会を行う。岡田浩校長は「今年は凧作り名人の方々の指導を受けられず本当に残念。来年はご一緒したい」と語る。石井会長は「会の課題は高齢化。この凧文化は残したいね」と話した。
 

例年児童による凧揚げが見られる
例年児童による凧揚げが見られる

啓進塾 新入塾生を募集

本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

現職2氏の一騎打ちか

衆院選5区

現職2氏の一騎打ちか 政治

今秋までに解散総選挙へ

2月25日号

集団接種、戸塚はスポセン

新型コロナワクチン

集団接種、戸塚はスポセン 社会

市、3月下旬から順次通知

2月25日号

横浜・戸塚区の17製造業を冊子で紹介

【Web限定記事】区が販路拡大・人材確保に協力

横浜・戸塚区の17製造業を冊子で紹介 経済

2月18日号

CO2削減に向け、範示す

【Web限定記事】戸塚区選出の議員団

CO2削減に向け、範示す 社会

北海道下川町のカーボン・オフセット・クレジット購入

2月18日号

こども食堂で青少年育成

区内企業グループ運営NPO法人

こども食堂で青少年育成 コミュニティ社会

戸塚小前にあす開店

2月11日号

一般会計 初の2兆円台に

横浜市21年度予算案

一般会計 初の2兆円台に 社会

コロナ対応で膨張

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ベビーマッサージ講座

【Web限定記事】赤ちゃんとの絆づくりに

ベビーマッサージ講座

3月12日舞岡柏尾地域ケアプラザ(横浜市戸塚区)

3月12日~3月12日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク