戸塚区版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

元昭和大学准教授で詩歌・俳句の作品集などを出版している 山口 一彦さん 戸塚町在住 74歳

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena

目に見えぬ「心」を豊かに

 ○…「泰山木(たいさんぼく) 白磁(はくじ)翳(かげ)らふ 華の蝕(しょく) 須臾(しゅゆ)の間(ま)寂びぬ その旅衣(たびごろも)」。ドイツ文学者の元昭和大学准教授がコロナ禍に上梓した詩歌・俳句の作品集「牧神(パン)の囁(ささやき)」。そこに収められた、病床に伏せ亡くなった親友に向けられた挽歌だ。白い大きな花が一瞬で滅んでいく寂しさを表現している。一方で日常の何気ない場面や趣味の相撲観賞を詠んだくすりとするものも多数収録。「読みやすい句から読んでもらえれば。挽歌も普遍性のあるものとして受け取ってほしい」

 ○…高校時代にヘッセの小説に熱中し、ドイツ文学を学びたいと当時優秀な教授がそろっていたという学習院大学へ。その後、文芸評論家・川村二郎氏の書に衝撃を受け研究者を志す。「都立大で師事を受けた恩師。大学に就職が決まったときにはブランデーを振舞われた」と懐かしむ。大学で学生に人気だった授業の題材、映画『シンドラーのリスト』に関する論文を退職後に出版。座右の銘は「人間にとって一番大事なものは目に見えない、心」。真摯(しんし)に内面を見つめ続けてきた。

 ○…7歳で区内に越してきてから60年以上が過ぎた。母校の東戸塚小学校では「校庭に米駐留軍のかまぼこ型兵舎があった」とほほ笑む。40代で俳人・山口誓子氏の作品に初めて触れ「短い語句でこんなにも世界観を表現できるとは」。今回の著作は詠み続けてきた自身の俳句等をまとめた2作目の作品集。創作への原動力は子のいない自身が生きた証を残すため。「随筆も含めた作品をあと1、2作は出せれば」

 ○…今回の本はコロナ禍に出版が決まったもの。ストレスがたまりやすい今、人々の心が折れないようにという願いを込める。「文学の目標は心を豊かにすること。皆さんを励ますことができれば嬉しい」

平成横浜病院

過度な受信控えは健康上のリスクを高める可能性があります。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

小林 優希さん

ミス日本コンテストで「みどりの女神」と「ミス着物」をダブル受賞した

小林 優希さん

港北区在住 21歳

5月7日号

岸 信行さん

4月1日付で戸塚消防署長に就任した

岸 信行さん

泉区在住 57歳

4月29日号

伊藤 博之さん

3月22日付で戸塚警察署長に就任した

伊藤 博之さん

矢部町在住 58歳

4月22日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月15日号

B. Nazki(びー なつき)さん

第4回とつかソングコンテストのグランプリに輝いたシンガーソングライター

B. Nazki(びー なつき)さん

東京都在住32歳

4月8日号

小林 順子さん

第55回NHK障害福祉賞で最優秀に選ばれた

小林 順子さん

小雀町在住 52歳

4月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter