戸塚区版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

県政報告 93 攻めに転じ、立ち向かえ 神奈川県議会議員 北井宏昭

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena

 「正しく知り、正しく恐れる」。コロナ禍では、多くの県民が真偽の定かでない情報に翻弄されています。そんな中、県民の正しい行動変容を促すには、県行政からの情報発信は重要です。

 一方、人々は出来る限り「ゼロリスク」を求めます。しかし、薬もワクチンも完璧なゼロリスクは、あり得ません。感染症以外にもリスクだらけの世の中にあって、これまでもあらゆるリスクに対し、折り合いをつけながら社会経済は動いてきました。リスクがあるから何もしない、という訳ではありません。

 コロナ禍でも、ウイルスから逃げてばかりでは、社会は疲弊するだけ。そして財政的にも、将来に大きな負債を残します。緊急事態宣言の解除後が本当の正念場=重要局面になります。そこで、あれから1年、『コロナから逃げ回るだけではなく、攻めに転じて真正面から立ち向かうべし!』と、知事に文書質問で提言しました。

ポジティブ情報も

 これまでの多くは「危険」という、ネガティブな情報提供でしたが、それでは、あらゆるモチベーションと消費マインドは下がります。その影響で、クラスターが発生していない業種・業態の事業や店舗までもが、客離れに至っています。

 これまでクラスターの発生していない業種・業態や、その後の対策で改善された業種・業態をポジティブにアピールすることで、客離れを抑制出来ると考えます。「〜は、いけない」というだけではなく「こうすればリスクは最小限度に、こうしておけばあらかた大丈夫」というキーワードと併せて、ポジティブな情報も積極的に発信すべきと訴えました。

最新の殺菌方法を

 行政が発信する殺菌方法は、いまだ従来通りのものだけで、感染蔓延を防ぎきれていません。行政が手をこまねく中、民間では独自に殺菌方法の研究を進めています。新たな感染防御策の構築は、今後の脅威である薬剤耐性菌や、温暖化による新たな病原体への備えです。殺菌方法の最善策を集め、最新情報を随時発信することが、県民を守ることになります。

 殺菌方法について、今後、県行政として有用な情報を収集・更新し、発信することを検討するよう求めました。

北井宏昭

戸塚区戸塚町3870‐1

http://www.kitai-hiroaki.jp

平成横浜病院

過度な受信控えは健康上のリスクを高める可能性があります。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

コロナ第4波から国民を守る、安全確実なワクチン接種の実現を

「脱炭素社会」目指す条例を

元ワーキングママがゆく 41 市政レポート

「脱炭素社会」目指す条例を

横浜市会議員 伏見ゆきえ

5月7日号

小中学校に夜間照明設置へ!

皆様の声をカタチに! 市政報告

小中学校に夜間照明設置へ!

横浜市会議員 中島みつのり

4月1日号

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

子ども達の、子ども達のために私たちができること

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

4月1日号

攻めに転じ、立ち向かえ

県政報告 93

攻めに転じ、立ち向かえ

神奈川県議会議員 北井宏昭

3月18日号

新年度予算を審議中です

県民のいのちと暮らしを守る 県政レポート

新年度予算を審議中です

県議会議員・松田よしあき

3月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter